諸学の体系 : 学問論復興のために

パウル・ティリッヒ 著 ; 清水正, 濱崎雅孝 訳

近代の多様化したさまざまな学問は各々どのような目的をもち、いかなる規範に従っているのか。歴史的現象としての個別諸科学を思惟科学/存在科学/精神科学の三つに分類し、人間精神の創造物として体系的に捉えることでその包括的理解をめざす試み。学問の存在意義と大学の理念が問いなおされる現在あらためて読まれるべき、神学者ティリッヒの一九二三年の学問論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 一般的な基礎論(諸学の体系の意味と価値
  • 諸学の体系の原理
  • 諸学の体系の構築
  • 諸学の体系の方法)
  • 第1部 思惟科学、あるいは観念的な科学(基礎論
  • 論理学
  • 数学
  • 思惟科学と現象学)
  • 第2部 存在科学、あるいは実在的な科学(基礎論
  • 存在科学の体系)
  • 第3部 精神科学、あるいは規範的な科学(基礎論
  • 精神科学の体系)
  • 結論的な考察(学問と真理
  • 学問と生)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 諸学の体系 : 学問論復興のために
著作者等 Tillich, Paul
清水 正
濱崎 雅孝
ティリッヒ パウル
書名ヨミ ショガク ノ タイケイ : ガクモンロン フッコウ ノ タメニ
書名別名 Das System der Wissenschaften nach Gegenständen und Methoden
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 970
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2012.1
ページ数 264p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-588-00970-9
NCID BB07958736
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22052985
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想