近世哲学史点描

松田克進 著

[目次]

  • 第1章 デカルト的二元論は独我論に帰着するか
  • 第2章 デカルト心身関係論の構造論的再検討-「実体的合一」を中心として
  • 第3章 デカルト主義の発展
  • 第4章 スピノザと主観性の消失
  • 第5章 "自己原因"論争の目撃者としてのスピノザ
  • 第6章 スピノザと精神分析
  • 第7章 環境思想から見たスピノザ
  • 第8章 決定論者はなぜ他人に感謝できるのか-対人感情と自由意志

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近世哲学史点描
著作者等 松田 克進
書名ヨミ キンセイ テツガクシ テンビョウ : デカルト カラ スピノザ エ
書名別名 デカルトからスピノザへ

Kinsei tetsugakushi tenbyo
出版元 行路社
刊行年月 2011.12
ページ数 254p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-87534-433-9
NCID BB08050375
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22136926
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想