老荘思想がよくわかる本

金谷治 著

「足るを知り、これで十分だと満足する」「老荘」の教えからいまの自分のあり方を考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 老荘思想とは?(老荘と儒教
  • 老荘思想と現代社会の関わり)
  • 第2部 『老子』を読む(老〓(たん)と『老子』
  • 「道」の思想
  • 処世の思想
  • 政治の思想)
  • 第3部 『荘子』を読む(荘周と『荘子』
  • 逍遙遊
  • 斉物論)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 老荘思想がよくわかる本
著作者等 金谷 治
書名ヨミ ロウソウ シソウ ガ ヨク ワカル ホン
書名別名 老荘を読む

Roso shiso ga yoku wakaru hon
シリーズ名 老子 (経典) 195
荘子 (経典) 195
新人物文庫 195
出版元 新人物往来社
刊行年月 2012.1
ページ数 318p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-404-04130-2
NCID BB0972663X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22039900
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想