近松芸術と元禄歌舞伎

若月保治 著

[目次]

  • 目次
  • 一、 近松の芸術観と意義 / 1
  • 二、 西鶴と近松の芸術態度 / 11
  • 三、 淨るり作者としての西鶴と近松 / 20
  • 四、 近松詞章の外形美の表現 / 27
  • 五、 近松の女性 / 35
  • 六、 自由恋愛と悲劇の明るさ / 41
  • 七、 近松の礼讃 / 51
  • 八、 近松の非難 / 58
  • 九、 何故最後まで時代物を書いたか / 65
  • 一〇、 階級打破と民衆精神 / 69
  • 一一、 悲哀の庶民生活史 / 75
  • 一二、 現代人の理解を越ゆるもの / 81
  • 一三、 古淨るりの特質と近松劇 / 90
  • 一四、 大和守観劇日記と初期演劇 / 104
  • 一五、 淨瑠璃劇の身替美 / 121
  • 一六、 歌舞伎の美とあやつり / 134
  • 一七、 四谷怪談と遊戱精神 / 161
  • 一八、 文楽は何故重要文化財か / 178
  • 一九、 文五郞と土佐太夫と皮膜説 / 183
  • 二〇、 「まあ二年下宮島」と土佐太夫 / 188
  • 二一、 芸能の単一化と伴奏者 / 191
  • 二二、 元祿歌舞伎の慨観 / 194
  • 二三、 傾城賤間嶽の影響 / 200
  • 二四、 上方元祿歌舞伎評説 / 207
  • 二五、 江戶元祿歌舞伎評説 / 233
  • 二六、 再ひ近松の世界性について / 254
  • 二七、 近松の長門出生説吟味 / 256
  • 二八、 家族的伝統的人形芝居の町 / 261
  • 二九、 ヘルン・潄石の思い出 / 263
  • 三〇、 近松硏究と著者 / 271

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 近松芸術と元禄歌舞伎
著作者等 若月 保治
書名ヨミ チカマツ ゲイジュツ ト ゲンロク カブキ
書名別名 Chikamatsu geijutsu to genroku kabuki
出版元 若月保治
刊行年月 1957
ページ数 272p
大きさ 22cm
NCID BN11904520
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
57007144
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想