蒸汽機関

内丸最一郎 著

[目次]

  • 標題紙
  • 目次
  • 第一章 概論
  • 一 蒸汽機関の発達 / 1
  • 二 高圧蒸汽の使用 / 9
  • 三 普通の蒸汽機関 / 11
  • 四 蒸汽機関の分類 / 16
  • 第二章 熱機関の「サイクル」
  • 五 瓦斯体の等温膨張 / 18
  • 六 瓦斯体の断熱膨張 / 21
  • 七 「カーノー式サイクル」 / 24
  • 八 蒸汽の膨張 / 29
  • 九 蒸汽機関の「サイクル」 / 33
  • 第三章 「インヂケートル」
  • 一〇 理想的の「インヂケートル線図」 / 37
  • 一一 実際の「インヂケートル線図」 / 41
  • 一二 表示馬力 / 44
  • 一三 「インヂケートル線図」からの判断 / 46
  • 一四 「インヂケートル線図」を取る装置 / 48
  • 一五 「インヂケートル」 / 51
  • 一六 正味馬力 / 58
  • 一七 動力計 / 59
  • 第四章 複式膨張
  • 一八 複式膨張の利益 / 64
  • 一九 複式機関の両汽〓へ仕事と初圧とを分配すること / 67
  • 二〇 両汽〓に於ける仕事の分配に及ぼす変化 / 71
  • 二一 複式機関の「インヂケートル線図」を組み合わせること / 74
  • 二二 複式機関の汽〓の大さを定むる法 / 78
  • 二三 複式装置 / 80
  • 第五章 「クランク軸」を廻す力
  • 二四 連桿に伝る力 / 82
  • 二五 「ピストン」の受くる正味の蒸汽圧 / 83
  • 二六 「クランク」を廻す力 / 85
  • 二七 廻転力の変化を表す線図 / 89
  • 二八 往復体の隋力から起る影響 / 92
  • 第六章 「はずみ車」
  • 二九 「クランク軸」の受くる仕事 / 98
  • 三〇 仕事の過不足 / 100
  • 三一 「はずみ車」の作用 / 102
  • 三二 車周に起る内力 / 106
  • 三三 「はずみ車」の構造形 / 108
  • 第七章 ワ゛ルヴ線図」及び滑弁
  • 三四 滑弁の作用 / 112
  • 三五 「ゾイナー式線図」 / 115
  • 三六 「ルーロー式線図」 / 121
  • 三七 「ビルグラム式線図」 / 123
  • 三八 隋円形線図 / 127
  • 三九 滑弁の構造形 / 130
  • 四〇 膨張弁の線図 / 135
  • 四一 膨張弁の構造形 / 140
  • 第八章 「リンク運動」及び揺棒装置
  • 四二 「ステフェンソン式リンク運動」 / 143
  • 四三 「グーチ式リンク運動」 / 149
  • 四四 「アラン式リンク運動」 / 153
  • 四五 「ジヨイ式装置」 / 156
  • 四六 「マーシアル式装置」 / 161
  • 四七 「ワルセルト式装置」 / 164
  • 四八 「コーリス式装置」 / 166
  • 第九章 調速機
  • 四九 調速方法 / 175
  • 五〇 廻転振子 / 176
  • 五一 心棒へ球の取付方 / 178
  • 五二 「ポーター式調速機」 / 182
  • 五三 発条調速機 / 186
  • 五四 軸装調速機 / 190
  • 第十章 凝結器
  • 五五 凝結器 / 193
  • 五六 噴水凝結器 / 194
  • 五七 触面凝結器 / 199
  • 五八 蒸発凝結器 / 204
  • 第十一章 機関部の設計
  • 五九 汽〓 / 206
  • 六〇 填物穴 / 213
  • 六一 「ピストン」 / 216
  • 六二 「ピストン桿」 / 221
  • 六三 「クロスヘッド」 / 224
  • 六四 連桿 / 228
  • 六五 「クランク軸」 / 232
  • 六六 「クランク腕」 / 235
  • 六七 偏心輪 / 239
  • 六八 軸承 / 242
  • 六九 床盤 / 246
  • 第十二章 工場用機関
  • 七〇 単汽〓の堅型機関 / 251
  • 七一 単汽〓の横型機関 / 253
  • 七二 対型の複式機関 / 255
  • 七三 串型の複式機関 / 260
  • 第十三章 発電機関
  • 七四 「エスチングハウス式機関」 / 267
  • 七五 「ヰラン式機関」 / 274
  • 七六 「ベリス式機関」 / 278
  • 七七 「マッキントシ式機関」 / 283
  • 第十四章 喞〓機関及び圧縮機関
  • 七八 単働の喞〓機関 / 289
  • 七九 両働の喞〓機関 / 292
  • 八〇 空気圧縮機関 / 295
  • 八一 冷却剤圧縮機関 / 299
  • 第十五章 船用機関
  • 八二 船用複式機関 / 303
  • 八三 三回膨脹機関 / 305
  • 八四 四回膨脹機関 / 307
  • 第十六章 汽車機関
  • 八五 一般の構造 / 310
  • 八六 四輪聯結の機関車 / 314
  • 八七 六輪聯結の機関車 / 314
  • 八八 定置の汽車型機関 / 318

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 蒸汽機関
著作者等 内丸 最一郎
書名ヨミ ジョウキ キカン
シリーズ名 熱機関 ; 2
出版元 丸善
刊行年月 明42.1
版表示 再訂版
ページ数 320p 図版
大きさ 21cm
NCID BN09726714
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
40067000
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想