地震家屋

佐藤勇造 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 著者ノ経歴
  • 第一章 崩潰破損セル建物ノ種別及統計
  • 第二章 地震ノ陥落、亀裂、震度、埋没、海嘯ノ疑問
  • 第三章 建築学ニ属スル震度ノ範囲
  • 第四章 地震ニ付家屋建築上ノ注意
  • 第五章 尾張紡績会社ノ崩潰
  • 第六章 郵便電信局ノ崩潰
  • 第七章 岐阜西ノ御坊ノ半潰
  • 第八章 大仏堂ノ遺存
  • 第九章 木曽御料局支応ノ崩潰
  • 第十章 岐阜警察署火ノ見櫓ノ遺存
  • 第十一章 美江寺ノ遺存
  • 第十二章 烟突ノ崩壊及新規定書
  • 第十三章 道具庫ノ遺存
  • 第十四章 土蔵ノ破潰
  • 第十五章 壁土の堕落
  • 第十六章 岐阜監獄署塀ノ破壊
  • 第十七章 名古屋天主及大垣城ノ遺存
  • 第十八章 堤塘ニ近邇セル村落ノ家屋倒潰セルニ付キ
  • 第十九章 西洋造リ木製家屋及擬似ノ家屋遺存
  • 第二十章 前記規定書ノ結果
  • 第廿一章 世間ノ輿論ヲ警戒ス
  • 第廿二章 地震ニヨリ家屋ノ享受セル震度ヲ滅殺スルノ法如何
  • 第廿三章 地震ニ対スル建築材料ノ弾力及摩擦
  • 第廿四章 家屋耐地震盤ノ考案及解釈

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 地震家屋
著作者等 佐藤 勇造
書名ヨミ ジシン カオク
書名別名 Jishin kaoku
出版元 共益商社
刊行年月 明25.4
ページ数 92p
大きさ 19cm
NCID BA30380797
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
40066788
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想