炭坑通気工手必携

森本光太郎 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一章 空気
  • 組成 / 1
  • 空気ノ重サ / 4
  • 気圧 / 6
  • 気圧ノ変化 / 7
  • 水銀気圧計 / 8
  • あねろいど式気圧計 / 9
  • 気圧ノ測定計算 / 9
  • 水銀柱ト水柱トノ関係 / 10
  • 気圧計ヲ以テ標高ヲ知ル法 / 10
  • 温度ニ対スル修正 / 12
  • 堅坑深サ測定 / 12
  • 第二章 瓦斯ノ化学
  • 化合物 / 14
  • 合成物 / 14
  • 原子容量 / 15
  • 瓦斯容積ニ関スル法則 / 15
  • 化学附号及化学方程式 / 16
  • 原素表 / 17
  • 瓦斯ノ相互関係容量ノ計算法 / 24
  • 原子量 / 26
  • 瓦斯体ノ比重 / 27
  • 瓦斯体気体ノ重サ / 28
  • 空気及瓦斯ノ膨脹 / 29
  • 絶対温度 / 29
  • 絶対気圧 / 29
  • 容積ト絶対温度トノ関係 / 30
  • 容積ト絶対気圧トノ関係 / 30
  • 気圧ヲ生ス可キ重量 / 32
  • 圧力ノ計算 / 32
  • 瓦斯ノ浸透作用 / 35
  • 浸透ノ速サ / 36
  • 浸透作用ノ極限 / 39
  • 瓦斯ノ放出 / 39
  • 第五章 坑内瓦斯
  • 酸素 / 40
  • 窒素 / 41
  • 沼気(マーシ瓦斯) / 41
  • 種々ノ炭化水素瓦斯 / 42
  • 坑内瓦斯表 / 43
  • 酸化炭素 / 44
  • 炭酸瓦斯 / 46
  • 硫化水素瓦斯 / 47
  • 爆発瓦斯 / 48
  • あふたーだんぷ(窒息瓦斯) / 49
  • 坑内ニ於ケル瓦斯発生 / 51
  • 瓦斯溜 / 52
  • 放出瓦斯ノ圧力 / 53
  • 瓦斯ノ量 / 53
  • 放出瓦斯ノ圧力 / 54
  • 安全灯ノ熖ニヨリ瓦斯ノ検査 / 58
  • 第四章 安全灯
  • 安全灯ノ用途 / 61
  • 少量の瓦斯検査 / 64
  • 安全灯用の灯油 / 65
  • 安全灯の種類 / 66
  • でびー式安全灯 / 66
  • くらにー式安全灯 / 68
  • みゆせらー式安全灯 / 69
  • あるさうと式安全灯 / 70
  • あしうおーす、へぷる、ほわいと式安全灯 / 70
  • うるふ式安全灯 / 71
  • 安全灯の開閉錠 / 72
  • 安全灯の掃除 / 72
  • 火番 / 72
  • 安全灯の光力 / 73
  • 第五章 坑内爆発状態
  • 通気気流ノ擾乱 / 75
  • 瓦斯不意ノ増加 / 76
  • 炭粉炭塵ノ影警 / 78
  • 瓦斯爆発ニ対スル空気圧力ノ関係 / 79
  • 坑内爆発 / 80
  • 爆発ノ返復 / 81
  • 爆発後ノ所置 / 82
  • 第六章 通気々量
  • 法律上規定セラレタル通々気量 / 87
  • 瓦斯混入ヲ薄クスルニ要スル気量 / 88
  • 第七章 通気原則
  • 通気ニ与ヘラレタル原動力 / 89
  • 坑内抵坑 / 90
  • 気流ノ速度 / 90
  • 力、気圧速度トノ関係 / 91
  • 第八章 通気々流ノ観測
  • 通気々流速度ノ観測 / 92
  • 水柱式気圧計 / 95
  • 温度ノ観測 / 96
  • 寒暖計 / 96
  • 華氏ヲ摂氏ニ改算スル方法 / 97
  • 摂氏ヲ華氏ニ改算スル方法 / 97
  • 華氏ヲ列氏ニ改算スル方法 / 98
  • 列氏ヲ華氏ニ改算スル方法 / 98
  • 列氏ヲ摂氏ニ改算スル方法 / 98
  • 摂氏ヲ列氏ニ改算スル方法 / 99
  • 坑内抵抗ノ計算 / 99
  • 坑内空気々流ノ摩擦単位抵抗表 / 100
  • 動力ノ計算或ハ毎分時間中ノ仕事ノ単位 / 102
  • 通気可能力 / 103
  • 第九章 坑内通気分流
  • 通気分流ニ対スル法律上ノ要求 / 118
  • 通気分流法 / 118
  • 気流ノ自然的分流 / 120
  • 気流ノ比例的分流 / 123
  • 分量風戸 / 125
  • 分量箱ニ対スル気圧ノ計算 / 126
  • 分量風戸ノ開口断面積 / 129
  • 分量箱ニ対スル馬力ノ計算 / 130
  • 分量風戸ニ対スル馬力ノ計算 / 131
  • 第拾章 坑内通気方法及通気装置
  • 上昇通気法 / 141
  • 坑内一般計画 / 142
  • 天候ノ影響 / 148
  • 通気炉ニ依ル坑内通気 / 149
  • 通気炉ノ構造 / 150
  • 通気炉ノ気柱 / 152
  • 傾斜気柱 / 152
  • 通気炉ニ於ケル通気々圧ノ計算 / 152
  • 原動気柱ノ計算 / 154
  • 通気炉ノ煙筒 / 155
  • 第十一章 機械力通気装置
  • 煽風機ニ拠ル通気 / 156
  • 平円板煽風機 / 158
  • 遠心式煽風機 / 158
  • 放出煽風機 / 160
  • 吹込煽風機及送風機 / 160
  • 真空式通気法 / 160
  • 充満式通気法 / 161
  • 真空式通気法ト充満式通気法トノ比較 / 161
  • 第十二章 遠心式煽風機
  • ナスシス式煽風機 / 162
  • ビラム式煽風機 / 162
  • ウアードル式煽風機 / 163
  • シール式煽風機 / 165
  • ギバル式煽風機 / 165
  • アルビー式煽風機 / 167
  • キャベル式煽風機 / 168
  • 煽風機ノ効率 / 170
  • 気圧効率 / 172
  • 第十三章 煽風機ノ構造
  • 中心入気孔ノ大サ / 173
  • 煽風機煽翼ノ直径 / 174
  • 煽翼ノ幅 / 175
  • 煽翼ノ変曲 / 176
  • 煽翼ノ数 / 177
  • 螺旋形外被 / 178
  • 展開煙突 / 179
  • 高速及低速原動機 / 179
  • 煽風機ノ試験 / 179
  • 第十四章 通気附属設備
  • 通気風戸 / 181
  • 通気遮断壁 / 182
  • 風橋 / 182
  • 風廻シ張切 / 183
  • 風帳 / 183

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 炭坑通気工手必携
著作者等 森本 光太郎
書名ヨミ タンコウ ツウキ コウシュ ヒッケイ
出版元 西海堂石松書店
刊行年月 明44.12
ページ数 184p
大きさ 15cm
全国書誌番号
40067734
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想