曲線測量法

ジョン・ツラウトワイン 著 ; 門田平三 訳

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一 「タンジエンシヤル」角度ニ依ツテ曲線ヲ布設スルノ法
  • 第二 「デイフレクシヨン」角度ニ依ツテ曲線ヲ布設スルノ法
  • 第三 肉眼ヲ以テ曲線ヲ布設スルノ法
  • 第四 小絃線
  • 第五 通常の絃線ニ用ユルトコロノ縦線
  • 小絃線ニ用ユルトコロノ縦線
  • 第六 予メ其度数ノ定マリアル一角角仮令バいろにノ如キアリ而メ予メ其長サノ定マリアル半経線ヲ有スル曲線ヲいカにカ何レカ其内ノ一点ヨリ布設ヲ始ムルヲ要スルノトキ其曲線ノ起本点ヲ求ムルノ法
  • 第七 角度いろに及ヒ距離いろ、ろに等(いカにヲ以テ起曲線点トナスコト前章ノ如シ)ハ予メ定マリアリテ、唯いろ、ろに等ヲ各いは、には等ト九十度ノ直角ヲ作ラシメンガ為ニ、適当ノ半径線ヲ獲ルノ法
  • 第八 半経線いはノ長サ、角度いろにノ度数等ハ予メ定マリアリテ即チ其曲線ヲ分割スルニ、長サ一百呎ノ絃線幾個ヲ以テセザルヘカラザルヤヲ知ルヲ要スルノ場合
  • 第九 曲線ノ極端点若シ直線ト正ク相ヒ投合連続セザルノ場合
  • 第十 前章ノ続ヅキ
  • 第十一 角度いろは、ろはに及ヒ距離ろはノ予メ定リアル反転曲線ニ於テいろヲはにニ連合セシメンガ為メ最大ノ半経線とり若クハちりヲ獲ルノ法
  • 第十二 にろ、ろほナル二個ノ切線ニ依リテ組成サレタル角度にろほノ測定ヲ要スレトモ、技師其角点ろニ接近スルコト能ハザルノ場合
  • 第十三 合理曲線 いゑろノ如キ一曲線ヨリろんハノ如キ同一ノ方向ヲ有スルモ不同一ノ半経線ヲ有スル他ノ曲線ニ投合連続ヲ要スルノ場合
  • 第十四 反転曲線 むんてノ如キ一曲線ヨリ、ていをノ如キ其方向ヲ反対ニメ其半経線ノ長サヲ同フシ、或ハ同フセサル他ノ曲線ニ連合ヲ要スルノ場合
  • 第十五 半経線 其「デイフレクション」角度ノ度数、及ヒ其同等絃線ノ長サ等ハ各、前以テ定マリアルトキニ、其度数ト其長サトニ適合スルトコロノ半経線ヲ獲ルノ法
  • 第十六 「タンジエンシヤル」及ヒ「デイフレクシヨン」角度 其半経線ノ長サ及ヒ其同等絃線ノ長サ等ハ、各前以テ定マリアルトキニ此両個ノ長サニ適当スベキ「タンジエンシヤル」若クハ「デイフレクシヨン」角度ヲ獲ルノ法
  • 第十七 「デイフレイクシヨン」距離
  • 其一 一百呎同等絃線ヲ有シテ、兼テ其長サノ定マリアル半径線ニ適合スルトコロノ「デイフレクシヨン」距離ヲ獲ルノ法
  • 其二 其同等絃線ノ長サ、及ヒ其半径線ノ長サ等、共ニ前以テ定マリアルモノニ適合スルトコロノ「デイフレクシヨン」距離ヲ獲ルノ法
  • 第十八 「タンヂエンシヤル」距離 其同等絃線ノ長サ、及ヒ其半経線ノ長サ等、共ニ前以テ定マリアルモノニ適合ノ「タンジエンシヤル」距離ヲ獲ルノ法
  • 第十九 縦線 半経線及ヒ絃線ノ長サヲ知ッテ、之ニ適合スルトコロノ中央縦線ヲ獲ルノ法
  • 第二十 前章ノ方法ニ依リ既ニ中央縦線ヲ獲タル後、他ノ縦線即チあんノ如キモノヲ獲ルノ法
  • 第廿一 長絃線
  • 附録
  • 半径線表
  • 縦線表
  • 長絃線表

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 曲線測量法
著作者等 Trautwine, John Cresson
門田 平三
ジョン・ツラウトワイン
書名ヨミ キョクセン ソクリョウホウ
出版元 工談会
刊行年月 明24.6
ページ数 52p
大きさ 14cm
全国書誌番号
40066413
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想