哲学の現場 : 日本で考えるということ

末木文美士 著

哲学を厳密さの檻から解放し、日本の近代思想を土台に豊かな思索の実践を繰り広げる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 哲学は日本にはじまる?
  • 何から出発するか
  • 人は如何に生きるべきか
  • 言葉は何を表わすか
  • 他者の壁
  • 死者とともに
  • 私という困難
  • 超越か内在か
  • 逸脱する自然
  • 差別と平等
  • 伝統と近代
  • 日常から出発する

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 哲学の現場 : 日本で考えるということ
著作者等 末木 文美士
書名ヨミ テツガク ノ ゲンバ : ニホン デ カンガエル ト イウ コト
書名別名 Tetsugaku no genba
出版元 トランスビュー
刊行年月 2012.1
ページ数 235p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7987-0119-6
NCID BB07902119
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22033476
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想