なぜ韓国企業は世界で勝てるのか : 新興国ビジネス最前線

金美徳 著

ここ一〇年足らずの韓国企業の躍進は、かつて日本企業が世界に進出した時とは異なる特徴をもっている。技術力も資金調達力も日本に及ばない韓国の武器は何なのか。世界有数のグローバル企業となった韓国四大財閥(サムスン、ヒュンダイ自動車、SK、LG)の強さの秘密を徹底的に分析。韓国企業の強みと弱み、グローバル戦略と新興国ビジネスモデルの特徴など、豊富な具体例で明らかにする。韓国企業には学べる点と学べない点がある。日本企業に欠けた情報や視点を提供することで、日本経済の再興に資する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ マーケティング重視の韓国企業とモノ作り重視の日本企業
  • 第1章 サムスン財閥
  • 第2章 ヒュンダイ自動車財閥
  • 第3章 SK財閥
  • 第4章 LG財閥
  • 第5章 韓国財閥の影
  • 第6章 韓国の視点を生かしたグローバルビジネス
  • エピローグ 日本再生の鍵を握るアジア・グローバル人材

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 なぜ韓国企業は世界で勝てるのか : 新興国ビジネス最前線
著作者等 金 美徳
書名ヨミ ナゼ カンコク キギョウ ワ セカイ デ カテルノカ : シンコウコク ビジネス サイゼンセン
書名別名 Naze kankoku kigyo wa sekai de katerunoka
シリーズ名 PHP SHINSHO 775
PHP新書 775
出版元 PHP研究所
刊行年月 2011.12
ページ数 292p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-569-80214-5
NCID BB07699208
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22030647
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想