注釈民法 = Japanese Civil Law Annotated  10-2

谷口知平 ほか 編

本巻では、「債権総則」の要ともいえる415条〜426条を扱う。旧版刊行以降の立法・判例・学説の発展や、契約法をめぐる国際的な立法の動向を踏まえ全面改訂。現代用語化改正前・後の条文を併記し、参照の便宜を図った。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第3編 債権(総則(債権の効力(債務不履行による損害賠償
  • 損害賠償の範囲
  • 損害賠償の方法
  • 過失相殺
  • 金銭債務の特則
  • 賠償額の予定
  • 損害賠償による代位
  • 債権者代位権
  • 詐害行為取消権
  • 詐害行為の取消しの効果
  • 詐害行為取消権の期間の制限)))

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 注釈民法 = Japanese Civil Law Annotated
著作者等 奥田 昌道
谷口 知平
書名ヨミ チュウシャク ミンポウ
書名別名 債権. 1 [2] 債権の目的・効力 2 §§415~426

Japanese Civil Law Annotated
巻冊次 10-2
出版元 有斐閣
刊行年月 2011.12
版表示 新版.
ページ数 993p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-641-01746-7
NCID BA62952584
BB03994807
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22035953
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
債権. 1 2 債権の目的・効力 2 §§415~426 奥田昌道
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想