郷土玩具の新解釈 : 無意識の"郷愁"はなぜ生まれたか

加藤幸治 著

百余年前の様々な知的実践の実例を掘り起こし、郷土玩具を学問的に位置づける新たな試み。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 おもちゃに投影された近代
  • 第2章 趣味の世界の胎動
  • 第3章 趣味の世界の開花
  • 第4章 趣味と学問の分離
  • 第5章 趣味と創作における葛藤
  • まとめ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 郷土玩具の新解釈 : 無意識の"郷愁"はなぜ生まれたか
著作者等 加藤 幸治
書名ヨミ キョウド ガング ノ シンカイシャク : ムイシキ ノ キョウシュウ ワ ナゼ ウマレタカ
書名別名 Kyodo gangu no shinkaishaku
出版元 社会評論社
刊行年月 2011.12
ページ数 333p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7845-1508-0
NCID BB07859825
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22028486
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想