旧約聖書の誕生

加藤隆 著

旧約聖書はユダヤ教・キリスト教の正典であり、また、その宗教的権威を離れても広く人類の文化のなかで大きな影響を与えてきた。しかし、その中身はそれぞれが矛盾し錯綜したテキストの集合であり、多くの現代人にとっては通読することすら困難だというのが現実だろう。本書は、旧約聖書をその歴史的状況の中に置き直し、「創世紀」「出エジプト記」「ヨブ記」「雅歌」…等々の文書が成立した時代とそれらが背負っていた思想的課題からの解読を試みる。各文書の個性から、なぜ旧約聖書というまとまりのある書物が成立し権威を持ったのかまで、イチからよくわかる旧約入門の決定版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 聖書の基礎
  • 第2章 出エジプト
  • 第3章 イスラエル統一王国
  • 第4章 北王国
  • 第5章 南王国
  • 第6章 バビロン捕囚
  • 第7章 ペルシア帝国期のイスラエル
  • 第8章 ギリシア・ローマ期のイスラエル
  • 第9章 詩篇

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 旧約聖書の誕生
著作者等 加藤 隆
書名ヨミ キュウヤク セイショ ノ タンジョウ
書名別名 Kyuyaku seisho no tanjo
シリーズ名 ちくま学芸文庫 カ30-1
出版元 筑摩書房
刊行年月 2011.12
ページ数 585, 13p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-09411-7
NCID BB07636252
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22035821
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想