国家と革命

レーニン 著 ; 角田安正 訳

世界を震撼させたロシア十月革命。その指導者レーニンによる革命権力マニフェスト。論争と実践の書でありながら国家とは階級支配機関だという一線を譲らず、代議制の欺瞞を暴き立て、直接民主主義の徹底を訴えてあらゆる妥協論を弾劾する。理論と実践が完全に統一されているかのような口ぶりは、原則を忘れたい我々をおびやかす。歴史的挑発の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 階級社会と国家
  • 第2章 国家と革命-一八四八‐一八五一年の経験
  • 第3章 国家と革命-パリ・コミューン(一八七一年)の経験マルクスの分析
  • 第4章 つづき-エンゲルスの補足的注釈
  • 第5章 国家死滅の経済上の原理
  • 第6章 日和見主義者によるマルクス主義の卑俗化

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 国家と革命
著作者等 Lenin, Vladimir Il'ich
Lenin, Vladimir Ilʹich
角田 安正
レーニン
書名ヨミ コッカ ト カクメイ
書名別名 Kokka to kakumei
シリーズ名 講談社学術文庫 2090
出版元 講談社
刊行年月 2011.12
ページ数 289p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-06-292090-2
NCID BB07635329
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22026099
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ロシア語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想