インドの驚異譚  2

ブズルク・ブン・シャフリヤール [蒐集・編纂] ; 家島彦一 訳

インド洋世界で活躍したムスリム航海者が蒐集した驚異(アジャーイブ)に満ちた162の説話をアラビア語写本から世界で初めて翻訳。イスラーム海域交流史第一級史料。第2巻は83話以降に用語集・索引を付す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ニヤーン島の人喰い人種
  • 人間の頭蓋骨を通貨として用いる人喰い人種
  • 仇敵を討つための食人の風習
  • 外国船とランジャバールース島民との取引
  • カシュミールにあるダイヤモンドの渓谷
  • 帰国の航海で三つの幸運に恵まれたこと
  • 魚を食べて精力絶倫になった老翁
  • サランディーブから到着の船に対する関税額
  • 中国の王宮庭園を彩る絹の造花
  • アンダマン島の黄金寺院にあるソロモンの墓〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 インドの驚異譚
著作者等 Buzurg ibn Shahriyār
Buzurg ibn Shahriyār, 10th cent.
家島 彦一
シャフリヤール ブズルク・ブン
書名ヨミ インド ノ キョウイタン : 10セイキ ウミ ノ アジア ノ セツワシュウ
書名別名 Kitab `Aja' ib al-Hind

10世紀〈海のアジア〉の説話集
シリーズ名 東洋文庫 815
巻冊次 2
出版元 平凡社
刊行年月 2011.12
ページ数 396p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-582-80815-5
NCID BB07024198
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22045442
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 アラビア語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想