魂と体、脳

西川アサキ 著

本当に存在するものは何だろうか?私の「今・ここでの体験」だろうか?それとも、他人からみた「物質としての脳」だろうか?もちろん、両方だろう。ところが、そう言った瞬間、「私の」体験と「他人からみた」脳を結ぶメカニズムが知りたくなる-ライプニッツのモナドロジー、ドゥルーズの思考を、コンピュータ・シミュレーションで展開。心身問題への新たなアプローチがはじまる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 何が本当に存在するのか?
  • 第1部 心身問題と中枢
  • 第2部 「閉鎖」としての「不確実性」の侵入
  • 第3部 不確実性の中心と中枢、そして意識
  • おわりに 心身問題への憎しみと、哲学の性急さについて
  • 補足 「終わりなき対話=原始的心身問題」の詳細

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 魂と体、脳
著作者等 西川 アサキ
書名ヨミ タマシイ ト カラダ ノウ : ケイサンキ ト ドゥルーズ デ カンガエル シンシン モンダイ
書名別名 計算機とドゥルーズで考える心身問題

Tamashii to karada no
シリーズ名 講談社選書メチエ 518
出版元 講談社
刊行年月 2011.12
ページ数 318p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-06-258521-7
NCID BB07626328
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22021642
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想