望郷 : 姫路広畑俘虜収容所通譯日記

柳谷郁子 著

これは単なる戦記ものではない。二次大戦から50年を経て発見された外国人捕虜収容所の通訳日記を、戦争の推移と重ねながら、一般庶民の日常的な視点と感覚でひもとき、紹介するものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 戦後六十年はじめて世に出る秘録
  • 第1章 長い長いプロローグ(通譯田原栄の系譜
  • 田原栄、青春の放浪時代
  • 捕虜の処遇に関する国際法と戦争
  • 姫路広畑俘虜収容所
  • 所長、成和秀雄と夫人スヱ子
  • 通譯田原栄という人
  • 本文への前章)
  • 第2章 広畑俘虜収容所通譯日記
  • 第3章 日本国内の捕虜収容所 資料編

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 望郷 : 姫路広畑俘虜収容所通譯日記
著作者等 柳谷 郁子
書名ヨミ ボウキョウ : ヒメジ ヒロハタ フリョ シュウヨウジョ ツウヤク ニッキ
出版元 鳥影社
刊行年月 2011.12
ページ数 527p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-86265-333-8
NCID BB08010519
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22034336
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想