文化政治としての哲学

リチャード・ローティ 著 ; 冨田恭彦, 戸田剛文 訳

人間のすべての活動は、現世における人間の幸福をより増進させるかどうかという基準に従って評価・選択される暫定的なものであり、人知を超えた実在との接触により真理を得るという特権的な活動などはありえない。哲学もこうした暫定的な活動の一つである。この視点から著者は、咋今の哲学に対して鋭い批判的診断を行う。哲学はアカデミックに自己閉塞すべきではなく、自然科学を含めた芸術・文学・宗教・政治など他の人間活動との相互交渉を深めることで、人間や世界に関する新たな語彙や語り方の提言を行う「文化政治」としての役割を取り戻すべきであると著者は主張する。プラグマティズムの立場から現代の哲学に根底的な問いかけを行い続けたローティ最後の論文集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 プラグマティズムから見た宗教と道徳(文化政治と神の存在の問い
  • ロマン主義的多神教としてのプラグマティズム
  • 誠実な誤り)
  • 2 文化における哲学の場所(偉業・深遠・有限
  • 過渡的ジャンルとしての哲学)
  • 3 分析哲学の最近の争点から(プラグマティストの目から見た現代の分析哲学
  • 自然主義と静観主義
  • ヴィトゲンシュタインと言語論的転回
  • 全体論と歴史主義
  • カント対デューイ-道徳哲学の咋今の状況)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 文化政治としての哲学
著作者等 Rorty, Richard
富田 恭彦
戸田 剛文
ローティ リチャード
書名ヨミ ブンカ セイジ ト シテノ テツガク
書名別名 Philosophy as cultural politics

Bunka seiji to shiteno tetsugaku
出版元 岩波書店
刊行年月 2011.11
ページ数 282, 8p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-00-024665-1
NCID BB07447318
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22024670
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想