デスマスク

岡田温司 著

私のものでありながら決して自分では見られない「死顔」を、形に留めるデスマスク。人はいったい何を表現すべくそれを作ってきたのか。古代ローマの蝋人形から王と教皇の中世を経て、近代の天才崇拝、「名もなきセーヌの娘」まで。生と死、現実と虚構、聖なるものと呪われたもののあわいに漂う摩訶不思議な世界をたどる。図版多数。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 古代ローマの先祖崇拝
  • 第2章 「王の二つの身体」
  • 第3章 教皇の身体
  • 第4章 ルネサンスの蝋人形
  • 第5章 ジャンセニストの死面
  • 第6章 ギロチンとフランス革命
  • 第7章 近代の天才崇拝
  • 第8章 「名もなきセーヌの娘」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 デスマスク
著作者等 岡田 温司
書名ヨミ デスマスク
書名別名 Desumasuku
シリーズ名 岩波新書 新赤版1341
出版元 岩波書店
刊行年月 2011.11
ページ数 229, 10p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431341-0
NCID BB07360082
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22028579
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想