介護問題の社会学

春日キスヨ 著

なぜ介護は女性が担い、その負担は軽減されないのか。そして要介護者の多数を占める高齢女性は、なぜ二重の困難を抱えるのか。従来の社会福祉論に欠落するジェンダーの視点から、日本が抱える社会問題の本質を浮彫りにした介護の臨床社会学。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 「家族」のなかの人権-高齢者介護問題を中心として
  • 2 介護-愛の労働
  • 3 男性ケアワーカーの可能性-在宅訪問男性ヘルパーを中心として
  • 4 障害児問題からみた家族福祉
  • 5 老人を介護する家族
  • 6 「家族」という関係の困難と希望-高齢者在宅介護問題を中心として
  • 7 フェミニスト・エスノグラフィーの方法
  • 8 フェミニスト・フィールドワークの方法をめぐって-現代家族への民俗誌的アプローチ
  • 9 セルフヘルプグループと自己回復

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 介護問題の社会学
著作者等 春日 キスヨ
書名ヨミ カイゴ モンダイ ノ シャカイガク
シリーズ名 岩波人文書セレクション
出版元 岩波書店
刊行年月 2011.11
ページ数 257p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-00-028513-1
NCID BB07666300
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22023865
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想