酒呑まれ

大竹聡 著

なぎら健壱氏から「酒飲まれ」と呼ばれる『酒とつまみ』創刊編集長の半生記。高校の頃ウイスキーで酒に目覚め、やがてとことん飲むようになった著者はバーの魅力に取りつかれ、中島らもや高田渡などの個性溢れる人物と出会う。忘れられない人との出会い、大人の飲みの面白さがいきいきと伝わる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 父のレッド
  • 第2章 給料日にはウイスキー
  • 第3章 一人酒・取材酒
  • 第4章 バーで飲む
  • 第5章 あの人の酒
  • 第6章 ホッピーの頃
  • 第7章 競馬と酒
  • 第8章 どこまでも

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 酒呑まれ
著作者等 大竹 聡
書名ヨミ サケノマレ
書名別名 Sakenomare
シリーズ名 ちくま文庫 お62-2
出版元 筑摩書房
刊行年月 2011.11
ページ数 302p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-42876-9
NCID BB07422474
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22035804
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想