被災地を歩きながら考えたこと

五十嵐太郎 [著]

はたして工学で街は救えたか?復興はいかにあるべきか?建築家はどう介在すべきなのか?震災後半年間の推移と展望をつづった渾身のルポルタージュ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 破壊
  • 2 文化
  • 3 記憶
  • 4 構築
  • 5 情報
  • 6 萌芽

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 被災地を歩きながら考えたこと
著作者等 五十嵐 太郎
書名ヨミ ヒサイチ オ アルキナガラ カンガエタ コト
書名別名 Hisaichi o arukinagara kangaeta koto
出版元 みすず書房
刊行年月 2011.11
ページ数 233p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-622-07652-0
NCID BB0754364X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22025509
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想