痔疾の根治療法 : 著者実験

村井弦斎 (寛) 著

[目次]

  • 標題紙
  • 目次
  • 素人は痔の手術を危ながる / 1
  • 私は痔疾を軽蔑しました / 4
  • 療治の時機を失ふ / 8
  • 生涯の大失策はこの時です / 12
  • 私は遂に脳貧血を起して人事不省となりました / 15
  • 最も驚きしは視力の退減なり / 18
  • 按摩のために奇効を奏す / 21
  • 鼻の治療で頭痛が癒る / 25
  • 脱肛は油断すると大事になる / 29
  • 私が手術を受ける事に決した理由 / 33
  • 入院最初の滑稽談 / 37
  • 私の痔は最大なものである / 42
  • 麻酔薬を嗅ぐ時の心持 / 46
  • 私の手術は四十五分間 / 46
  • 医師の驚くほどの巧妙な手術 / 52
  • 案ずるよりも無造作なりし外科手術 / 57
  • 遂にモルヒネ注射を受けたり / 60
  • 一難去って一難来る / 63
  • 初めて手術の効能を感ず / 67
  • 手術前と手術後とは別人の如し / 72
  • 川井君の痔は坐薬療法で全快す / 75
  • 手術前と手術後と斯くまで違ふ / 78
  • 体量は毎月増加するばかり / 81
  • 顔の色は紅くなって活気を呈す / 85
  • 生れて初めて舟に酔ふ / 88
  • 外科医も手術を好むものに非ず / 93
  • 非医者のために大難を醸したる実例 / 95
  • 痔疾の殆ど無い国がある / 101
  • 久保博士が自分で痔疾を治された実例 / 104
  • 通便整理は何より肝要 / 108
  • 食物で通じの加減が出来る / 112
  • 肛門を休養させる新工風 / 116
  • 坐薬の用ひ方に心得あり / 119
  • 灌膓の大効能 / 123
  • 灌膓の方法に巧拙あり / 129
  • 頑固な便秘の手当法 / 133
  • 下剤を飲む時の心得 / 136
  • 痔疾には多くの種類あり / 141
  • 附録 衛生談数則
  • 魚の骨を呑み込むは危険千万 / 145
  • 魚の骨が食道に停まるは一大事 / 147
  • 魚の骨を容易に採り出す法 / 152
  • 珠数を以て鈎針を咽喉から抽出す / 155
  • 餅が咽喉に閊へた時は如何にすべきか / 157
  • 小供が釘を呑んだ時は如何にすべきか / 160
  • 肺の中へ太鼓の鋲を吸込んだ者がある / 165
  • 手品師の芸が大発明の種となる / 169
  • 硝子の破片を食道より抽出す手術 / 175
  • 世界に例なき窒息患者を蘇生せしむ / 179
  • 直達鏡検査を受ける心得 / 183
  • 徳川時代に斯くの如き名医あり / 185
  • 咳嗽の妙薬を古書より発見す / 188
  • 霜焼と水虫の妙薬 / 190
  • 四谷怪談と片倉先生 / 194
  • 雑病を治療したる片倉先生の神方 / 197
  • 外科手術の進歩 / 199
  • 切疵には塩を塗る事 / 200
  • 火傷の手当は油か灰がよし / 203
  • 打身にはアルコールがよし / 206

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 痔疾の根治療法 : 著者実験
著作者等 村井 弦斎
書名ヨミ ジシツ ノ コンジ リョウホウ : チョシャ ジッケン
出版元 新橋堂
刊行年月 明43.9
ページ数 208p
大きさ 23cm
NCID BA84872886
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
40057938
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想