滞日十年. グルー 著 ; 石川欣一 訳  下

ジョセフ・C

1932(昭和7)年、グルーはアメリカの駐日特命全権大使として赴任する。このころの日本は、世相は暗く、満州事変、五・一五事件、国際連盟脱退と、ひたすら戦争への道を歩んでいるかのようであった。知日派として知られたグルーは、日本の多くの人々と交わり、日米関係の悪化を食い止めるべく奔走する。しかしその甲斐なく、1941(昭和16)年12月、日米はついに開戦へと至ってしまう。本書は、その間の経緯を、当事者のみが語りえる迫真の描写によって、克明に記録した昭和史の一級史料。下巻は、日米交渉行き詰まり、ついに日本の真珠湾奇襲の日をむかえ、翌年帰国するまでを収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第5章 一つの世界と二つの戦争(一九三九年十月十日‐一九四一年十二月七日)
  • 第6章 一つの世界と一つの戦争(一九四一年十二月八日‐一九四二年五月三十一日)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 滞日十年. グルー 著 ; 石川欣一 訳
著作者等 Grew, Joseph C.
Grew, Joseph Clark
石川 欣一
グルー ジョセフ・C.
書名ヨミ タイニチ 10ネン
書名別名 Ten years in Japan
シリーズ名 ちくま学芸文庫 ク21-2
巻冊次
出版元 筑摩書房
刊行年月 2011.10
ページ数 432, 10p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-09402-5
NCID BB06758979
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22016816
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想