人道的帝国主義 : 民主国家アメリカの偽善と反戦平和運動の実像

ジャン・ブリクモン 著 ; 菊地昌実 訳

人権擁護、人道的干渉権、保護する責任、そしてテロとの戦い、予防戦争…戦争正当化イデオロギーは誰によってどのように生産されてきたか。これを乗り越える道筋はあるか。現代国際政治・経済システムの欺瞞の根源を捉え、「もう一つの世界」を共に作り出していくための怒りと希望の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 本書のテーマと目的
  • 2 権力とイデオロギー
  • 3 第三世界と西欧
  • 4 人権を擁護する者への質問
  • 5 反戦の弱い論拠と強い論拠
  • 6 幻想と欺瞞
  • 7 罪の意識という武器
  • 8 展望、危険、そして希望
  • Textes

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人道的帝国主義 : 民主国家アメリカの偽善と反戦平和運動の実像
著作者等 Bricmont, Jean
Chomsky, Noam
菊地 昌実
ブリクモン ジャン
書名ヨミ ジンドウテキ テイコク シュギ : ミンシュ コッカ アメリカ ノ ギゼン ト ハンセン ヘイワ ウンドウ ノ ジツゾウ
書名別名 Impérialisme humanitaire. ed. rev. et augm

Jindoteki teikoku shugi
出版元 新評論
刊行年月 2011.11
ページ数 308p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7948-0871-4
NCID BB07366329
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22013090
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想