アクション

丹治順, 山鳥重, 河村満 著

ヒトが周囲の世界に対する働きかけとして出力する手段であり、個体の意図の表れとして行われる運動。「アクション」を可能にする脳の働きをどう解明するか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 大脳皮質の一次運動野
  • 第2章 高次運動野
  • 第3章 運動前野
  • 第4章 補足運動野と前補足運動野
  • 第5章 帯状皮質運動野
  • 第6章 前頭前野

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アクション
著作者等 丹治 順
山鳥 重
河村 満
書名ヨミ アクション
書名別名 Akushon
シリーズ名 神経心理学コレクション
出版元 医学書院
刊行年月 2011.9
版表示 第1版
ページ数 173p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-260-01034-4
NCID BB06777270
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22015157
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想