理論化学十回講義

大幸勇吉 著

[目次]

  • 標題紙
  • 目次
  • 第一回 / 1〜23
  • 化学変化
  • 化合
  • 分解
  • 化学と普通教育
  • 化学と其応用
  • 質量の不変
  • 化合物単体
  • 元素
  • 定比例の定律
  • 倍数比例の定律
  • 容積化合の定律
  • 第二回 / 24〜46
  • 分子量
  • 原子量
  • 化学記号
  • 化学式
  • 化学方程式
  • 原子価
  • 当量
  • 原子及び分子の仮説
  • 第三回 / 47〜69
  • エネルギーの不滅
  • 化学エネルギー
  • 原子熱
  • 同形
  • 第四回 / 70〜89
  • 溶液
  • 気体の溶液
  • ヘンリーの定律
  • 気体の過飽和溶液
  • ドルトン分圧の定律
  • 固体の溶解
  • 固体の過飽和溶液
  • 溶液の滲透圧
  • 溶液の蒸気圧
  • 溶液の氷点
  • 溶液の沸点
  • 第五回 / 90〜108
  • 解離
  • 熱離
  • 電離
  • 第六回 / 108〜136
  • 可逆反応
  • 化学平衡総論
  • 気体間の化学平衡
  • 固体と気体との間の化学平衡
  • 第七回 / 136〜158
  • 水の種々の状態間の平衡
  • 同素体間の平衡
  • 水化物の水蒸気圧
  • 両液間に溶質の分配
  • 電離の化学平衡
  • 物質の性質と其電離度
  • 第八回 / 159〜181
  • 水の電離
  • 酸及び塩基の強弱
  • 水素イオンの濃度
  • 中和
  • 共通イオンを有する両塩間の平衡
  • 塩類の混合溶液に於ける平衡
  • 加水分解
  • 両酸間に塩基の分配
  • 第九回 / 182〜201
  • 指示薬の理論
  • 可容積
  • 沈澱の生成及び溶解
  • 硝酸銀と尿素との反応
  • 第十回 / 202〜219
  • 化学工業に電気学の応用
  • ファラデーの定律
  • 電解物溶液の電気伝導
  • 電解電圧
  • 金属塩類の電解
  • 酸及び塩基溶液の電解

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 理論化学十回講義
著作者等 大幸 勇吉
書名ヨミ リロン カガク ジッカイ コウギ
書名別名 Riron kagaku jikkai kogi
出版元 富山房
刊行年月 明37.4
ページ数 219p
大きさ 22cm
全国書誌番号
40054343
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想