新編原典中国近代思想史  第7巻

野村浩一 ほか編

最終巻となる第7巻では、一九四五年八月の抗日戦争の勝利から、五三年の「過渡期の総路線」の提起、すなわち社会主義的改造の開始を宣言するまでの八年間に展開された思想的なダイナミズムを跡づける。中国をより大きな歴史的文脈の中で理解するため、この時代を特徴づけるさまざまな論争・論議を、「「惨勝」と戦後中国への展望」「自由主義と中間路線」「憲政論議と中国文化」「中国社会の省察」「「人民解放戦争」と中華人民共和国の成立」「思想改造」「新民主主義から社会主義的改造へ」の七つの章として構成する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 「惨勝」と戦後中国への展望
  • 2 自由主義と中間路線
  • 3 憲政論議と中国文化
  • 4 中国社会の省察
  • 5 「人民解放戦争」と中華人民共和国の成立
  • 6 思想改造
  • 7 新民主主義から社会主義的改造へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新編原典中国近代思想史
著作者等 中村 元哉
砂山 幸雄
野村 浩一
書名ヨミ シンペン ゲンテン チュウゴク キンダイ シソウシ
書名別名 世界冷戦のなかの選択 : 内戦から社会主義建設へ
巻冊次 第7巻
出版元 岩波書店
刊行年月 2011.10
ページ数 410, 7p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-00-028227-7
NCID BB07175648
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22011607
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 中国語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
「人民解放戦争」と中華人民共和国の成立 毛沢東、世界の情勢を語る(抄) アンナ・ルイーズ・ストロング, 砂山幸雄
「公然と政府に反対する」について 楼邦彦, 水羽信男
「惨勝」と戦後中国への展望 抗日戦争勝利後の新情勢と新任務 毛沢東, 砂山幸雄
「生活即教育、社会即学校」を評する(抄) 張凌光, 濱田麻矢
「第三方面」と民主運動を論ずる 李平心, 水羽信男
いかにして新しい社会の新しい女性になるか 区夢覚, 秋山洋子
ほか9編
アメリカの心理を診断する(抄) 家永真幸, 潘光旦
世界冷戦のなかの選択 : 内戦から社会主義建設へ 砂山幸雄
中国の時局の前途についての三つの方向 王芸生, 砂山幸雄
中国の過去と将来(抄) 中村元哉, 張東ソン
中国人民解放軍宣言 光田剛, 毛沢東
中国民主同盟臨時全国代表大会政治報告(抄) 砂山幸雄, 羅隆基
中国社会の省察 紳士について. その1 中裕史, 費孝通
中国社会科学工作者の任務(抄) 村田雄二郎, 陶孟和
中国社会経済研究会の初歩的主張 中国社会経済研究会, 中村元哉
中間派の政治路線(抄) 施復亮, 水羽信男
人民民主独裁について(抄) 毛沢東, 砂山幸雄
共産党について 中村元哉, 儲安平
内戦論(抄) 楊人ベン, 砂山幸雄
再び双軌政治を論ずる 中村元哉, 費孝通
土地改革活動に参加して得たもの 呉景超, 濱田麻矢
女性と団結 田畑佐和子, 謝冰瑩
学と政と党(抄) 家永真幸, 潘光旦
完全な革命派になろう(抄) 毛沢東, 砂山幸雄
差異序列の社会構造 中裕史, 費孝通
思想改造 私のこの一年 濱田麻矢, 費孝通
憲政を論ずる 中村元哉, 梁実秋
憲政論議と中国文化 選災を予告し、憲政を追論する上・下(抄) 中村元哉, 梁漱溟
抗戦勝利を慶祝して全国同胞に向けたラジオ演説(抄) 砂山幸雄, 蒋介石
政治的民主と経済的自由 中村元哉, 胡秋原
文字下郷 中裕史, 費孝通
日本降伏以後の中国の政局の決算 鄭振鐸, 野村 浩一
民主について(抄) 中村元哉, 蕭公権
民族文化の新しい見方 中村元哉, 蔡尚思
潘光旦氏の女性問題の論文を読んで 田畑佐和子, 黄碧遥
皇帝の権力について 中裕史, 呉カン
目下の土地問題について タン移今, 中村元哉
知識人の改造問題について(抄) 周恩来, 茂木敏夫
私も憲政を追論し、あわせて文化の診断に及ぶ 中村元哉, 張東ソン
統一戦線・人民政権・共同綱領(抄) 中村元哉, 銭端升
自由主義 水羽信男, 胡適
自由主義と中間路線 中国の政局 儲安平, 水羽信男
自由主義者の信念 水羽信男, 蕭乾
自由主義者はどこへ行くのか(抄) 楊人ベン, 水羽信男
解説 砂山 幸雄
誤りは私の「教育」的観点にある 濱田麻矢, 董渭川
農民に告げる書 光田剛, 晋察冀辺区農会臨時代表会
附録 米ソに対する我々の態度(抄) 傅雷, 村田雄二郎
陶行知先生による「武訓精神」賞揚に積極的な意味はあるか 楊耳, 濱田麻矢
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想