金融商品取引法読本

河本一郎, 大武泰南 著

いまの金融商品取引法制はどうなっているのか?さまざまな規制は何のために創られたのか?これまで法が目指してきたものは何か?これから何を目指すのか?金融商品取引法制について、金融商品市場のアクターの役割について、次々に湧き起こる重大事案について、第一人者がていねいに解説・分析する。広大な金融商品取引法の世界の道しるべ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 金融商品取引法とはどういう法律か
  • 第2章 企業内容等の開示制度(ディスクロージャー)を考える
  • 第3章 金融商品取引業者等の役割
  • 第4章 金融商品市場
  • 第5章 不公正な取引等をどう規制するか
  • 第6章 重要な自主規制機関の役割
  • 第7章 課徴金制度
  • 第8章 金融商品業務と行政
  • 第9章 金融商品取引法と関係深い主な法律

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 金融商品取引法読本
著作者等 大武 泰南
河本 一郎
書名ヨミ キンユウ ショウヒン トリヒキホウ ドクホン
シリーズ名 金融商品取引法
出版元 有斐閣
刊行年月 2011.10
版表示 第2版
ページ数 646p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-641-13590-1
NCID BB07064705
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22011112
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想