日本仏教の可能性 : 現代思想としての冒険

末木文美士 著

ハイテク化が進む中で、日常が複雑になっている。体温がなくなった世の中で、人々は健全に生きることが難しく、心の置き場を見つけることができない。かつて生活とともにあった仏教は、いま、私たちにどのように関わり、道を示すことができるのだろうか。葬式、禅、死者-。生活に根付く仏教的なキーワードを取り上げ、新時代における意義と可能性を探るスリリングな連続講義。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 現代に宗教を生きる
  • 第1章 仏教の近代化とその問題点
  • 第2章 死者とどう関わるか
  • 第3章 神仏再考
  • 第4章 禅の可能性
  • 終章 倫理と超・倫理

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本仏教の可能性 : 現代思想としての冒険
著作者等 末木 文美士
書名ヨミ ニホン ブッキョウ ノ カノウセイ : ゲンダイ シソウ ト シテノ ボウケン
書名別名 Nihon bukkyo no kanosei
シリーズ名 新潮文庫 す-13-2
出版元 新潮社
刊行年月 2011.11
ページ数 245p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-10-148912-4
NCID BB07194471
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22007134
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想