応用理学考物百話

三上泰正 著

[目次]

  • 目次
  • 一般共有の性質
  • 水の上の油が球をなす理 / 1
  • 瓦の水を吸う理 / 3
  • 護謨鞠の跳上る理 / 4
  • 或場所を飛び越ゆる前奔騰する理 / 6
  • 馬車より飛び降る者前に倒るる理 / 7
  • 車輪の泥が遠心力を示す理 / 8
  • 瓶又は陶器の壊れ易き理 / 10
  • 索蹈師の傘を持つ理 / 11
  • 馬車に大小の車輪併用する理 / 13
  • 峻しき坂道を登るに迂迴する理 / 14
  • 楔は薄き程打込み易き理 / 17
  • 弾丸は一直線に進まぬ理 / 19
  • 高処より落ちるものは比較的打撃の激しき理 / 20
  • 時計に振子を用ゆる理 / 22
  • 振子の長短は時計の遅速に影響する理 / 24
  • 振子の扁平なる理 / 25
  • 小なる琺瑪にて大なる物を衡り得る理 / 26
  • 懐中時計の硝子を穹窿にする理 / 28
  • 車の心棒に油を塗る理 / 32
  • 氷を割るに細き針を用ゆる理 / 33
  • 氷を包むに毛布又は鋸屑の乾きたるを用ゆる理 / 34
  • 水の性質
  • 海の水の重き理 / 36
  • 魚類の遊泳自在なる理 / 37
  • 水の中は物の軽き理 / 38
  • 樽の下部は狭く且つ箍の多き理 / 39
  • 水泡の水面に昇るに随って大きくなる理 / 40
  • 肥たる人は痩せたる人よりも泳ぎ易き理 / 41
  • 灯心の油を吸上ぐる理 / 42
  • 水馬の自在に水面を跳り廻る理 / 45
  • 油を塗りし針の水に浮ぶ理 / 46
  • 水道の原理 / 46
  • 物の容積を知るに水を用ゆる理 / 51
  • 気体の性質
  • 高き処は空気の稀薄なる理 / 52
  • 気圧計に水銀を用ゆる理 / 53
  • 気圧の冬強き夏弱き理 / 54
  • 冬は夏よりも空気の乾き居る理 / 55
  • 噴霧器の理 / 57
  • 喞筒の水を吸上ぐる理 / 59
  • 木炭にて水を濾す理 / 61
  • 晴雨計の理 / 62
  • 古井へ落ちたる者絶息する理 / 64
  • 曇天には便所の臭気激しき理 / 66
  • 雲とは如何なるものなるや / 66
  • 霧と霞との区別 / 67
  • 雪と霰との説明 / 69
  • 水を入れたる管の上端を閉塞すれば水の流出せざる理 / 70
  • 鑽井の理 / 73
  • 熱の性質
  • 朝夕の昼よりも寒き理 / 75
  • 高山は太陽に近きも却て寒き理 / 76
  • 山の頂に雲霧の多き理 / 77
  • 正午よりも午後の暑き理及び残暑の理 / 78
  • 雨の降る前多少暖なる理 / 79
  • 水を撒きし後涼しき理 / 80
  • 草葉に露を結ぶ理 / 81
  • 葉の茂りし樹の下は露少なくして温暖なる理 / 82
  • 微風の時は物の乾き易き理 / 83
  • 雪は豊年の兆なりといふ理 / 84
  • 冬期藁にて植物を覆う理 / 85
  • 種々の物体同室に在りても温度の斉しからざる理 / 86
  • 土鍋の外面粗鬆なる理 / 88
  • 煙突を高くする理 / 89
  • 鉄軌の接続を密着せざる理 / 90
  • 二種の寒暖計の得失 / 91
  • 寒暖計の硝子管に水銀を入るる方法及び其理 / 94
  • 寒暖計の水銀は温度に感じ易き理 / 95
  • 岩石の自然に破壊する理 / 96
  • 温度の反射及び吸収 / 97
  • 湿潤物の燃え難き理 / 98
  • 鎔けたる金属と皮膚との関係 / 99
  • 富士山の如き高き処は物の煮え難き理 / 99
  • 井水の夏冷かに冬暖かなる理 / 100
  • 音の性質
  • 鐘の音は天候に依り異なる理 / 104
  • 琴糸の発音する理 / 106
  • 鉄砲は煙の見えて後に音の聞ゆる理 / 107
  • 雷鳴の理 / 109
  • 山彦の理 / 110
  • 音の大小と鋭鈍 / 111
  • 語管の理 / 114
  • 光の性質
  • 万花鏡の理 / 116
  • 夜と昼と物の色に差異ある理 / 118
  • 虹の理 / 121
  • 石鹸球の美くしき理 / 122
  • 影の倒に映ずる理 / 123
  • 汽車と景色と反対に走る如く見ゆる理 / 125
  • 水中の橋杭は曲りて見ゆる理 / 126
  • 虫目鏡の理 / 129
  • 近眼鏡の理 / 131
  • 磨硝子の不透明なる理 / 132
  • 走しる車輪の明瞭に見えぬ理 / 133
  • 遠処にある物体の小さく見ゆる理 / 136
  • 動物が暗中に物を見る理 / 138
  • 暈翳の生ずる理 / 140
  • 磁石及び電気の性質
  • 羅針の北を指す理 / 142
  • 玩具「三すくみ」の説明 / 144
  • 磁石独楽の理 / 145
  • 紙の摩擦電気 / 147
  • 桐の摩擦電気 / 149
  • 電気灯の理 / 151
  • 電光の理 / 152
  • 落雷の理 / 154
  • 高き樹木に落雷する理 / 155

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 応用理学考物百話
著作者等 三上 泰正
書名ヨミ オウヨウ リガク カンガエモノ ヒャクワ
書名別名 Oyo rigaku kangaemono hyakuwa
出版元 大学館
刊行年月 明38.5
ページ数 156p
大きさ 15cm
全国書誌番号
40051003
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想