本 : その歴史と未来

デイヴィッド・ピアソン 著 ; 原田範行 訳

この『本-その歴史と未来』では、書物の将来について現在進行しているさまざまな議論を意識し、書物の生涯におけるひとつの重要な側面、すなわちモノとしての特質に光を当てている。豊富な写真によって詳しく例証されており、読みやすく、またいろいろな発想を生み出す一書である。2008年に初版が刊行され、時代の変化に対応して改定した新版が、今ここに出版された。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 歴史の中の本
  • 第2章 本はテクストを越えて
  • 第3章 大量生産に秘められた個性
  • 第4章 蔵書家気質あれこれ
  • 第5章 製本さまざま
  • 第6章 図書館にある蔵書の魅力
  • 第7章 将来的価値
  • 第8章 版本の多様性-異本研究

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 本 : その歴史と未来
著作者等 Pearson, David
原田 範行
ピアソン デイヴィッド
書名ヨミ ホン : ソノ レキシ ト ミライ
書名別名 Book as history

Hon
出版元 ミュージアム図書
刊行年月 2011.9
ページ数 208p
大きさ 27cm
ISBN 978-4-904206-09-6
NCID BB07125672
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22004818
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想