基督論集 : 海老名氏の基督論及び諸家の批評文

[目次]

  • 目次
  • 第一篇 基督論の発端 / 1p
  • 第二篇 現時の基督論 / 25p
  • 三位一体の教義と予が宗教的意識 海老名弾正 / 25p
  • 海老名弾正氏の告白を紹介す 福音新報社説 / 59p
  • 福音新報の紹介文を読む 新人社説 / 67p
  • 彼我相違の点を明らかにす 福音新報社説 / 77p
  • 基督に関する論争を読む 三並良 / 83p
  • 福音新報記者の基督論 三並良 / 91p
  • 海老名弾正氏の三位一体論を読む 小崎 弘道 / 98p
  • 基督教的意識と神に関する三位一体の教義 アルブレクト / 123p
  • 海老名弾正氏の三位一体論 高木壬太郎 / 144p

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 基督論集 : 海老名氏の基督論及び諸家の批評文
著作者等 海老名 弾正
書名ヨミ キリスト ロンシュウ : エビナ シ ノ キリストロン オヨビ ショカ ノ ヒヒョウブン
出版元 警醒社
刊行年月 明35.4
ページ数 180p
大きさ 20cm
NCID BA39148295
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
40049713
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想