貞徳宝鑑

前田長太 訳

[目次]

  • 目次
  • 第一章 貞徳は人を天使に擬す。 / 1p
  • 第二章 貞徳を保たんとせば、目を慎め。 / 8p
  • 第三章 事貞徳に関せば、小事をも慎め。 / 17p
  • 第四章 貞徳に触るるの罪は明白に之を告解に述べよ。 / 28p
  • 第五章 女色は骨を刻むの剛刀。 / 41p
  • 第六章 不浄の誘感に対する妙剤数件(死と公審判の一大記事あり、訳者の務めて敷衍せし処、) / 59p
  • 第七章 苦業難行は不浄の誘感に対する解毒剤。 / 131p
  • 第八章 魔鬼の誘感を利用するの法。(謙遜) / 154p
  • 第九章 天主に対する畏敬は貞徳の薬餌。 / 166p
  • 第十章 数者の殷鑑通篇の言を確証す。 / 189p

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 貞徳宝鑑
著作者等 前田 長太
書名ヨミ テイトク ホウカン
出版元 和田粂三
刊行年月 明27.9
ページ数 200p
大きさ 15cm
全国書誌番号
40050146
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想