品級及び婚姻 : 神秘神学

リギョル 著 ; 国定弥平 訳

附: 聖会の掟と基督信者の生活

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

[目次]

  • 標題紙
  • 目次
  • 品級
  • (一) 品級の秘跡とは何ぞや / 1p
  • (二) 品級の秘跡に幾段あるや又各段の職務は如何 / 3p
  • (三) 司祭と信者との区別は何より出づるや / 8p
  • (四) 司祭と司教との区別 / 9p
  • (五) 信者のために品級の秘跡は如何に大切なるや / 11p
  • (六) 品級の秘跡はいか様に司祭助祭及び其の他の聖品者に与へらるるや / 14p
  • (七) 品級の秘跡の効果及び司祭の品位 / 17p
  • (八) 司祭及び信者間に於ける相互の義務 / 20p
  • (九) 何故司祭は人々に悪み軽んせらるるや / 22p
  • (十) 司祭の招致、理想及び教育 / 25p
  • 婚姻
  • (一) 婚姻、其の大切、及人の幸不幸に関する影響 / 31p
  • (二) 婚姻をば至大事の如く取扱ふ可し / 33p
  • (三) 婚姻は種族繁殖と個人の必要のために制せられたり / 35p
  • (四) 婚姻することは善か悪か、将婚姻する義務ありや / 37p
  • (五) 基督信者に取つては婚姻は秘跡なり / 40p
  • (六) 未信者の婚姻は単に契約にして、基督信者のは契約であると同時に秘跡なり / 44p
  • (七) 同意なくんば婚姻なし其の結果は如何 / 46p
  • (八) 婚姻の秘跡の性質と結果婚姻挙行式 / 51p
  • (九) 一夫一婦 / 53p
  • (一〇) 一方の死後他人と再婚することを得 / 58p
  • (一一) 死後迄婚姻の縁は決して断つ可からず / 60p
  • (一二) 如何なる人為の法律も此の天法を廃止すること能はず是れ基督教の主要の恩恵なり / 65p
  • (一三) 洗礼以前に挙行せられたる婚姻は有効にして又洗礼後続きて有効なり / 69p
  • (一四) 合法に婚姻したる夫婦は重大理由のために別居することを得るや / 74p
  • (一五) 其の別居を裁判所に請求し得るや / 77p
  • (一六) 聖会法は国法に抵触せず、聖会法は只厳重なるのみ / 80p
  • (一七) 夫婦の幸福は其の義務に忠実なるに在り、彼等は善徳を以つて予之が準備をなすべし / 83p
  • (一八) 其の宗教を守る基督信者は婚姻の規則を容易に守るなり / 86p
  • (一九) 婚姻すると不犯を守ると孰が勝るや / 88p
  • (二〇) 不犯を守るは家庭にも国家にも害なく、之を守らんと欲すれば則守り得べく又其の方法わり / 94p
  • (二一) 許嫁は姻婚の予備、其の挙行法 / 98p
  • (二二) 婚姻の障碍 / 104p
  • (二三) 或る障碍は自然法より来るものにして免除さるることなし / 108p
  • (二四) 或る障碍は聖会法より来るものにして、相当の理由の下に免除せらるることあり / 115p
  • (二五) 無効婚姻は有効とせらるることを得 / 128p
  • (二六) 公教信者と新教徒との婚姻、不当婚姻を避くる注意 / 130p
  • (二七) 未来の夫婦の調査と未来の婚姻の通告 / 132p
  • (二八) 公教的理想の婚姻と家庭 / 133p
  • 聖会の掟と基督信者の生活
  • (一) 基督信者の聖会に従ふは猶子の母に於ける如くなるべし / 139p
  • (二) 聖会は一定の祝日を守ることを命ず / 141p
  • (三) 主日祝日に弥撒聖祭を拝聴すべし / 143p
  • (四) せめて毎年一度其の罪を白状すべし / 149p
  • (五) 復活日の頃に聖体を拝領すべし / 151p
  • (六) 定められたる期日に大斉小斉を行ふべし / 156p
  • 神学の結論及び綱要

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 品級及び婚姻 : 神秘神学
著作者等 Ligneul, François-Alfred-Désiré
国定 弥平
リギョル
書名ヨミ ヒンキュウ オヨビ コンイン : シンピ シンガク
書名別名 Hinkyu oyobi kon'in
シリーズ名 神学綱要
出版元 三才社
刊行年月 明41.11
ページ数 172p
大きさ 22cm
全国書誌番号
40050329
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想