聖福音史主ハリストス一代記

フェオファン 著 ; 石川喜三郎 (ペートル) 訳

[目次]

  • 標題紙
  • 目次
  • (一) 福音の確証 / 1
  • (二) 「上」救主の御系図 / 2
  • (三) 籍身の事歴 / 4
  • (四) アルファンゲル前駆者イオアンの誕生を報ず。及び其懐妊。 / 5
  • (五) アルファンゲル童貞女に彼が神子を生む事を福音せらる。 / 7
  • (六) 至聖童貞女エリザワェタを訪ふ。 / 8
  • (七) 先駆イオアンの誕生及び割礼。 / 9
  • (八) イオシフに神子の藉身の奥儀を啓示せらる。 / 11
  • (九) 主ハリストスの降誕。 / 12
  • (一〇) 神使の讃揚並に牧者の来拝。 / 12
  • (一一) 主の割礼及び迎接 / 13
  • (一二) 博士の来拝 / 15
  • (一三) エギペトに遁るる事及び其帰還。 / 16
  • (一四) 聖城に於ける十二歳の主 / 17
  • (一五) 先駆その職に就き授洗す。 / 19
  • (一六) 先駆の教訓 / 20
  • (一七) 聖イオアン主ハリストスの事を宣ぶ / 21
  • (一八) 主の洗礼 / 22
  • (一九) 四十日の斉。 / 22
  • (二〇) 悪魔の試誘及び悪魔を退らる。 / 23
  • (二一) 授洗者イオアン主ハリストスの事を証す。 / 24
  • (二二) 主は或る門徒を得らる。 / 25
  • (二三) カナの奇跡 / 27
  • (二四) 主暫時カペルナウムに至る。 / 28
  • (二五) 第一の「パスハ」--主貿易者を逐ひて聖殿を潔めらる。 / 28
  • (二六) 聖城イユルサリム民の信仰の端緒。 / 29
  • (二七) ニコデムとの説教。 / 30
  • (二八) 授洗聖イオアンの主の事の最後の証言。 / 31
  • (二九) 授洗聖イオアン獄に囚せらる。 / 33
  • (三〇) 主ガリレヤに往く。 / 33
  • (三一) ガリレヤに於ける滞在。 / 34
  • (三二) ガリレヤに往きナザレトを過ぐ。 / 37
  • (三三) カナに於ける第二の奇跡。 / 37
  • (三四) 主カペルナウムに移る。 / 38
  • (三五) 四人の漁者を招かる。 / 39
  • (三六) 安息日に会堂にて教を宣べ且魔を逐ふ。 / 39
  • (三七) シモンの岳母其他多くの者の医さる事。 / 40
  • (三八) 主始めてガリレヤに伝道す。 / 41
  • (三九) 主ナザレトを訪はる。 / 41
  • (四〇) 癩病者の医さるる事。 / 42
  • (四一) 海辺の説教及び奇跡の漁 / 43
  • (四二) 〓瘋者を医さる。 / 44
  • (四三) リワィイマトフェイを招がる。 / 46
  • (四四) 第二の「パスハ」-三十八年になる病者を医さるる事。 / 47
  • (四五) 第二の節筵-主が神父と同じき事の教訓。 / 49
  • (四六) 安息日に穂を摘みし事其弁護。 / 51
  • (四七) 安息日に手の枯へたる者の医さるる事及び「ファリセイ」等を譴めらる。 / 52
  • (四八) 「ファリセイ」等の激怒主海浜に避く。 / 53
  • (四九) 人民の群集。 / 54
  • (五〇) 民大に医さる。 / 54
  • (五一) 主ガリレヤに来る主の終夜の祈祷。 / 54
  • (五二) 十二門徒を選ぶ。 / 55
  • (五三) 主山を下りて医を施さる。 / 55
  • (五四) 山上の教訓。マトフェイ福音に依る。 / 56
  • (五五) 山上の教訓。ルカの福音に依る。 / 65
  • (五六) 癩病者を医さる。 / 68
  • (五七) 百夫長の僕を医す。 / 69
  • (五八) ナインの少者の復活。 / 70
  • (五九) 授洗イオアン使を主の許に遣はす。 / 71
  • (六〇) 主前駆イオアンを讃称す。 / 71
  • (六一) 「ファリセイ」及び学士の不信を譴めらる。 / 72
  • (六二) 主或市の不信を譴めらる。 / 73
  • (六三) 主父に感謝す、又衆民を己に招く。 / 73
  • (六四) シモンの家に於て罪人を憐恤せらる。 / 74
  • (六五) 主尚ガリレヤを巡遊せらる。 / 76
  • (六六) カペルナウムに於て悪鬼、瞽者、疲者等を医さる。 / 76
  • (六七) 「ファリセイ」等主を誹る。主これを斥く。 / 76
  • (六八) 聖神を誹る罪は赦されず。 / 78
  • (六九) 悪言は何れより出るか。-虚言の譴責。 / 78
  • (七〇) 休徴を請ふ者に答ふ。 / 79
  • (七一) 人より出でし悪鬼の再び人に帰る事。 / 79
  • (七二) 主と人々との神の上の親近。 / 80
  • (七三) 群集に譬喩を設けて教訓せらる。 / 80
  • (七四) 譬の説明。 / 84
  • (七五) 海辺にて、主に従はんとする者に対しての答へ。 / 88
  • (七六) 海を経て往く時嵐を鎮む。 / 88
  • (七七) ガダラに於て魔鬼を逐ふ。 / 89
  • (七八) 血漏を患ふる者を愈さる。 / 91
  • (七九) イアイルの女の復活。 / 92
  • (八〇) 二人の瞽者及び魔鬼に憑られし@者を愈さる。 / 93
  • (八一) 再ナザレトを訪はる。 / 94
  • (八二) 諸邑諸村を巡りて牧者無きの衆民を憐まる。 / 95
  • (八三) 十二門徒を伝道に遣さる。 / 95
  • (八四) 伝道に遣さるる門徒等に対する教訓。 / 96
  • (八五) 門徒等の働きの事の教訓。 / 97
  • (八六) 主及び門徒相別れて伝道に往く。 / 99
  • (八七) 先駆者イオアンの斬首。 / 99
  • (八八) イロド主の事を聞きて擾動す。 / 100
  • (八九) 門徒等の帰還。主ワィフサイダの野に住く。 / 101
  • (九〇) 奇跡にて五千人を飽かしむ。 / 102
  • (九一) 主海を履みて往く。 / 104
  • (九二) ゲンニサレトの地に於て奇跡を行はる。 / 105
  • (九三) カペルナウムに於ての天の糧の事の教訓。 / 105
  • (九四) 「ファリセイ」等愚なる伝の為に主に譴めらる。 / 110
  • (九五) シロフィニキヤの婦の女を医さる。 / 112
  • (九六) 聾にして訥れる者を医さる。 / 113
  • (九七) 諸病を医さる。 / 114
  • (九八) 奇跡を以て四千人を飽かしむ。 / 114
  • (九九) マグダラ、ダルマヌファの疆に於て体徴を請ふ者に答へらる。 / 115
  • (一〇〇) 「ファリセイ」「サトケイ」等の酵を防ぐ可し。 / 116
  • (一〇一) イオルダン外のフィフサイダに於て医者を医さる。 / 116
  • (一〇二) 門徒等主イイススハリストスの神の子たるを認む。 / 117
  • (一〇三) 主己の死と復活とを預言せらる。 / 118
  • (一〇四) 十字架を負ふ可き事の教訓。 / 118
  • (一〇五) 主の顕栄 / 119
  • (一〇六) 悪鬼に憑られし者を医さる。 / 121
  • (一〇七) 主ガリレヤに住く。仍その死及び復活の事を預言せらる。 / 123
  • (一〇八) カペルナウムに於て-殿税および奇跡の「スタティル」(古銀)。 / 124
  • (一〇九) カペルナウムに於ての門徒に対する説教。 / 124
  • (一一〇) サマリヤの郷民、主を受けず。 / 130
  • (一一一) 主に従はんとする者に答へらる。 / 130
  • (一一二) 七十門徒を伝教に遣はさる。 / 131
  • (一一三) 永世を継ぐ事の問に答へらる。 / 133
  • (一一四) マルファマリヤの家庭に於ける主イイスス。 / 134
  • (一一五) 主の祈祷 / 135
  • (一一六) 祈祷を止むべからざるの教訓-譬。 / 136
  • (一一七) 唖なる魔鬼を逐はる。ワェエルゼウルに藉りて云々の事に就きて「ファリセイ」等を譴めらる。 / 136
  • (一一八) 其後の他の教訓。 / 138
  • (一一九) 「ファリセイ」人と共に食せし時「ファリセイ」及び学士等を譴めらる。 / 139
  • (一二〇) 其事に就きての他の教訓。 / 140
  • (一二一) 遺産の分配を問ふ者に答へらる-其事の教訓 / 141
  • (一二二) 注意的の教訓。 / 145
  • (一二三) 悔改の教訓。 / 146
  • (一二四) 安息日に傴みて伸ぶる能はざる婦を愈さる。 / 147
  • (一二五) 芥種の譬 / 148
  • (一二六) 救はるる者寡きかとの問に答へらる。 / 148
  • (一二七) イロド爾を殺さんと欲す此処を離れよと言ふに答へらる。 / 149
  • (一二八) 「ファリセイ」入の家に於て食せらる。(イ)此処にて水腫病者を医さる。 / 150
  • (一二九) (ロ)筵席の席順の教訓。(ハ)午餐に招く可き者の教訓。 / 150
  • (一三〇) (ニ)大なる晩餐の譬。 / 151
  • (一三一) 途上の教訓。(イ)肉親を離れて、十字架を任ふ可き事。 / 152
  • (一三二) (ロ)建塔・戦争・塩の譬。 / 152
  • (一三三) 罪人に対する神の仁慈の譬。 / 153
  • (一三四) 譬の続き。 / 154
  • (一三五) 不正なる管理者の譬-其教訓。 / 156
  • (一三六) 富者とラザリの譬。 / 158
  • (一三七) 門徒に対する諸教訓。 / 159
  • (一三八) 十人の〓病者を医さる。 / 160
  • (一三九) 神国の来臨の事。 / 161
  • (一四〇) 不義なる裁判官の譬。 / 162
  • (一四一) 「ファリセイ」と税吏との譬。 / 163
  • (一四二) 主張幕節に当りてイウデヤに往く。 / 163
  • (一四三) 張幕の節筵の半に主イイスス聖殿に上る。 / 164
  • (一四四) 主イイスス節筵の末日に聖殿に上る。 / 167
  • (一四五) 節筵の末日の朝に主悔改せる罪人を赦す。 / 168
  • (一四六) 衆民に対する主の教訓。(イ)我は世の光なり。 / 169
  • (一四七) (ロ)主己の死の事を告ぐ。 / 170
  • (一四八) (ハ)罪の奴隷の事。 / 171
  • (一四九) (ニ)主己の永在を説くイウデヤ人此れが為めに激す。 / 173
  • (一五〇) 生れながらの瞽者を医さる。 / 174
  • (一五一) 此事の衆民の風説及び「ファリセイ」人の説明 / 175
  • (一五二) 医されし瞽者の表信。 / 177
  • (一五三) 善牧者の事の教訓。 / 178
  • (一五四) 主重修節に臨まる。 / 179
  • (一五五) 主イオルダンの外に在き彼処に居らる。 / 181
  • (一五六) 離婚の事の問に答へらる。 / 181
  • (一五七) 無妻の事の教訓。 / 182
  • (一五八) 幼児を祝福せらる。 / 183
  • (一五九) 富める少年に一切を舎つる事を説かる。 / 183
  • (一六〇) 主の為に一切を舎てし者の許約。 / 184
  • (一六一) 葡萄園に働く事の譬。 / 185
  • (一六二) 主ラザリを復活せしめんとて往かる。 / 186
  • (一六三) 主己の前途の死と復活の事を説く。 / 188
  • (一六四) ゼワェテイの子の母及び其子の願ひ、主の此に対する教訓。 / 188
  • (一六五) イエリホンに入る時、一人の瞽者を愈さる。 / 190
  • (一六六) 主ザクヘイを悔改に導く。 / 190
  • (一六七) ザクヘイの家に於て、銀十斤の譬。 / 191
  • (一六八) イエリホンを出る時、二人の瞽者を愈さる。 / 193
  • (一六九) ラザリの復活。 / 193
  • (一七〇) 「シネドリオン」、主を殺さんと決議す。主エフライムに往く。 / 196
  • (一七一) 衆民主を尋ね。逾越節の六日前ワィファニヤに於ける晩餐 / 197
  • (一七二) 主厳かにイエルサリムに赴かる。 / 198
  • (一七三) 全城の騒擾。聖殿を浄めらる。医を施す。童子の讃掲。 / 201
  • (一七四) エルリン人主イイススを見んことを望む。 / 202
  • (一七五) 主遂に城外に宿らる。 / 204
  • (一七六) 無花果樹を詛はる。及び其教訓。 / 205
  • (一七七) 再び聖殿を浄めらる。 / 206
  • (一七八) 無花果樹を枯されし事に就きて再び教訓せらる。 / 206
  • (一七九) 聖殿に於ける説教。(イ)何の権を以て之を行ふかとの問ひに対する答。 / 207
  • (一八〇) (ロ)二人の子の譬 / 208
  • (一八一) (ハ)葡萄園丁の譬。 / 208
  • (一八二) (ニ)王子の婚筵に招かれたる者の譬。 / 210
  • (一八三) 聖殿に於ける説教。税とケサリに納むるは宜しきや否や。 / 211
  • (一八四) 復活の事の問ひに就きて「サッドウケイ」等を辱かしめらる。 / 212
  • (一八五) 聖殿に於ける説教。何の誡か大なる。 / 213
  • (一八六) 主ハリストスは誰の子なるか。 / 214
  • (一八七) 聖殿に於ける説教。学士「ファリセイ」等を譴めらる。 / 214
  • (一八八) 〓の献賽。 / 288
  • (一八九) エレオン山の途にて、聖殿の運命を預言せらる。 / 288
  • (一九〇) エレオン山に於ける説教。主の再臨、及び世来の徴候。 / 289
  • (一九一) イエルサリムの運命の預言。 / 221
  • (一九二) 主の再臨の事。 / 222
  • (一九三) 警醒し且祈祷せよ。 / 223
  • (一九四) (上)怖る可き審判の状。 / 227
  • (一九四) (下)十字架に釘せらるる三日前の主ハリストス / 229
  • (一九五) 主を殺さんとの「シネドリオン」の謀議 / 229
  • (一九六) ワィファニヤのシモンの宅に於る晩餐 / 229
  • (一九七) 主を売りしイウダ / 230
  • (一九八) 機密の晩餐。--逾越節筵の準備 / 231
  • (一九九) 機密の晩餐-其始。 / 231
  • (二〇〇) 主門徒の足を洗ひ給ふ。 / 232
  • (二〇一) 主己を斥す者を告げらる。 / 234
  • (二〇二) 聖体聖血の機密を立てらる。 / 235
  • (二〇三) 誰か大なる。 / 236
  • (二〇四) 告別の教訓、-教訓の始 / 236
  • (二〇五) 門徒を慰めらる。 / 237
  • (二〇六) 指導の教訓。 / 240
  • (二〇七) 約束。 / 243
  • (二〇八) 救主の神父に対しての祈祷 / 246
  • (二〇九) 晩餐の終結。 / 248
  • (二一〇) ゲフシマニヤに赴かる。 / 249
  • (二一一) 主の苦み、-爵の事の祈祷 / 250
  • (二一二) 主己を罪人の手に付さる。 / 252
  • (二一三) アンナの館に於ける主イイスス / 254
  • (二一四) カイアファの法庭に於ける主イイスス。 / 256
  • (二一五) ペトル主を諱む。 / 257
  • (二一六) ペトル主を諱む。 / 258
  • (二一七) ペトル主を諱む。 / 259
  • (二一八) 番卒主を辱かしむ。 / 259
  • (二一九) 主の苦み、-主ビラトに付さる。 / 260
  • (二二〇) ビラトの法庭に於ける主イイスス。 / 260
  • (二二一) 主イイススイロド王の前に曳かる。 / 262
  • (二二二) ビラト主を釈かんと力めて遂に得ず。 / 263
  • (二二三) 主を鞭つ。 / 265
  • (二二四) 視よ人なり。 / 265
  • (二二五) 裁判の宣告。 / 266
  • (二二六) ゴルゴファに曳かる。 / 267
  • (二二七) 主の苦み、-主十字架に釘せらる。 / 268
  • (二二八) 主の十字架上の七聖言。 / 270
  • (二二九) (一)釘せし者の為の祈祷。(二)敬虔なる盗賊に。 / 270
  • (二三〇) (三)生神女及びイオアンに。 / 271
  • (二三一) (四)晦冥。(四)神父に向ひ。 / 271
  • (二三二) (五)渇く。 / 272
  • (二三三) (六)成れり。 / 272
  • (二三四) (七)父よ、尓の手に我か霊を付す。及び死。 / 272
  • (二三五) 主の死せし休徴。 / 272
  • (二三六) 主に従へる女徒の赤誠。 / 273
  • (二三七) 其脅を刺せり。 / 273
  • (二三八) 墓に置く。 / 274
  • (二三九) 墓に置かれし事を証するの女徒。 / 275
  • (二四〇) イウダの亡び。 / 276
  • (二四一) 安息日の夜に女徒等墓に至る。 / 276
  • (二四二) 墓に番兵を置く。 / 277
  • (二四三) 主ハリストスの復活 / 277
  • (二四四) 主復活後の現れの一般 / 278
  • (二四五) 墓に於ける携香女「マグダリナ」のマリヤ。主始めて現はる。 / 278
  • (二四六) 同携香女イオアンナ其他の婦。神使の現れ。 / 280
  • (二四七) 同携香女 イヤコフの母マリヤ及びサロミヤ。主の第二の現れ。 / 281
  • (二四八) 婦の言に対する門徒の不信。主第三にペトルに現はる。 / 283
  • (二四九) イウデヤ人主の復活の真実を覆はんと試む。 / 283
  • (二五〇) 主「エムマウス」に於て門徒等に現はる。 / 284
  • (二五一) 主其夜にフォマの外の諸門徒に現はる。 / 286
  • (二五二) 主第六にフォマ及び諸門徒に現はる。 / 287
  • (二五三) 主第七にティワェリアダの海浜に於て現はる。奇跡の魚漁 / 288
  • (二五四) 主の第七の現はれ。魚漁の後の教訓 / 289
  • (二五五) 主の第八の現れ。山に於て約五百人の兄弟に現はる。 / 291
  • (二五六) 主の第九の現れ。使徒イアコフに。 / 291
  • (二五七) 主の昇天。第十の現れ / 292
  • (二五八) 〓。 / 294

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 聖福音史主ハリストス一代記
著作者等 Feofan, Bp
石川 喜三郎
Feofan Bp.
フェオファン
書名ヨミ セイ フクインシ シュ ハリストス イチダイキ
出版元 正教会編輯局
刊行年月 明35.1
ページ数 294p 図版
大きさ 23cm
NCID BN14761598
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
40049860
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想