教会史

ラルネデ 述 ; 大宮季貞 記

[目次]

  • 標題紙
  • 目次
  • 緒言 / 1
  • 第一章 羅馬帝国 / 6
  • 第二章 帝国内の宗教と倫理の状態 / 14
  • 第三章 教会の起源 / 27
  • 第四章 エルサレムに於ける教会 / 31
  • 第五章 異邦人間に於ける基督教の伝播 / 40
  • 第六章 割礼に関する争論 / 47
  • 第七章 パウロの生涯 / 56
  • 第八章 パウロの宣伝せし福音 / 68
  • 第九章 他の使徒等の事業 / 76
  • 第十章 古代教会に於ける礼拝 / 84
  • 第十一章 教会政治 / 94
  • 第十二章 第一世紀に於る羅馬帝国と基督教との関係 / 108
  • 第十三章 猶太人 / 114
  • 第十四章 第一世紀に於ける基督教的文学 / 120
  • 第十五章 イグネシアスとポリカープとヘルマス / 138
  • 第十六章 第二世紀に於ける基督教と羅馬帝国との関係即ち第二世紀に於ける基督教の外形的歴史 / 145
  • 第十七章 弁証論並にジヤスチン / 151
  • 第十八章 ノスチツク教と之に反対せしイレニアス / 160
  • 第十九章 テルトリアンとモンタニ教 / 167
  • 第二十章 アレキサンデリアのクレメントと新プラトーの哲学 / 175
  • 第二十一章 オリゲン / 181
  • 第二十二章 第二、三世紀に於ける神学 / 189
  • 第二十三章 第三世紀中の迫害とシプリアン / 197
  • 第二十四章 第三世紀に於ける教会政治 / 202
  • 第二十五章 第二、三世紀に於ける基督教徒の生活 / 210
  • 第二十六章 第二、三世紀に於ける教会の礼拝 / 219
  • 第二十七章 第二、三世紀に於ける新約聖書 / 228
  • 第二十八章 最後の迫害 / 235
  • 第二十九章 コンスタンチンとユーセビアス / 242
  • 第三十章 アリアスの説に関する争論アサネシアス / 250
  • 第三十一章 第四世紀に於ける教会中の先輩者 / 261
  • 第三十二章 クリソストムとヂエローム / 270
  • 第三十三章 オーゴスチン / 278
  • 第三十四章 ベラギアスの説に関する議論 / 287
  • 第三十五章 寺院制度 / 295
  • 第三十六章 帝国の滅亡とレオ第一世と法王の権力 / 303
  • 第三十七章 キリストの身位に関する争論 / 313
  • 第三十八章 教会政治と礼拝び祝日 / 322
  • 第三十九章 グレゴリー第一世と英国の改信 / 334
  • 第四十章 回々教とキリストの意志に関する争論 / 341
  • 第四十一章 画像礼拝に関する争論 / 349
  • 第四十二章 シヤーレマン大王と独逸及び北国の改信 / 354
  • 第四十三章 第十世紀 / 362
  • 第四十四章 東西両教会の分裂 / 370
  • 第四十五章 グレゴリー第七世と法王政治の発達 / 381
  • 第四十六章 十字軍 / 391
  • 第四十七章 アンセルムとベルナルド / 401
  • 第四十八章 インノセント第三世の時代 / 409
  • 第四十九章 フランシス派とドミニツク派 / 417
  • 第五十章 中世の学問 / 422
  • 第五十一章 中世の神学 / 430
  • 第五十二章 中世の宗教 / 440
  • 第五十三章 法王と大会議 / 448
  • 第五十四章 独逸に於ける神秘教 / 455
  • 第五十五章 ウイクリツフとホス / 462
  • 第五十六章 第十五世紀に於ける文学の復興とサヴオナローラ / 470
  • 第五十七章 改革起原時代の欧洲及び教会の状態 / 478
  • 第五十八章 破門前のルーテルの生涯 / 485
  • 第五十九章 ルーテルの後の生涯 / 498
  • 第六十章 独逸に於ける改革の進歩 / 508
  • 第六十一章 ヅ〓ングリーと瑞西国に於ける改革 / 516
  • 第六十二章 カルヴイン / 524
  • 第六十三章 仏国に於ける改革 / 532
  • 第六十四章 和蘭に於ける改革 / 538
  • 第六十五章 英国に於ける改革 / 545
  • 第六十六章 蘇格蘭に於ける改革 / 555
  • 第六十七章 第十六世紀に於ける羅馬教会 / 562
  • 第六十八章 旧教と新教との比較 / 570
  • 第六十九章 第十七世紀に於ける独逸と仏蘭西との教会 / 577
  • 第七十章 第十七世紀に於ける和蘭の教会 / 585
  • 第七十一章 第十七世紀に於ける英国 / 589
  • 第七十二章 第十七世紀に於ける蘇国教会 / 598
  • 第七十三章 第十六、七世紀に於ける他宗派 / 603
  • 第七十四章 第十七世紀に於ける米国 / 609
  • 第七十五章 第十八世紀に於ける欧羅巴 / 617
  • 第七十六章 第十八世紀に於ける英国の状態 / 623
  • 第七十七章 第十八世紀に於ける米国 / 635
  • 第七十八章 外国伝道 / 641
  • 第七十九章 第十九世紀に於ける羅馬教会 / 658
  • 第八十章 第十九世紀に於ける独逸 / 664
  • 第八十一章 第十九世紀に於ける英国 / 674
  • 第八十二章 第十九世紀に於ける蘇国 / 686
  • 第八十三章 第十九世紀に於ける米国 / 692
  • 第八十四章 第十九世紀に於ける基督教的事業 / 705
  • 第八十五章 千九百年間に於ける基督教の概略 / 711
  • 第八十六章 教理歴史の概略 / 721
  • 第八十七章 日本に於ける羅馬教の伝道 / 798
  • 第八十八章 日本に於ける新教伝道の起原 / 798

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 教会史
著作者等 Learned, Dwight Whitney
大宮 季貞
大宮季貞 記
ラルネデ
書名ヨミ キョウカイシ
書名別名 Kyokaishi
出版元 警醒社
刊行年月 明40.2
版表示 改版
ページ数 818p 地図
大きさ 23cm
NCID BA39218889
BA40170371
BA70395086
BN14890182
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
40049512
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想