20世紀新言語学は何をもたらしたか

安井稔 著

本書は『素顔の新言語学』(1978年、研究社出版)の改訂増補版である。ことばとは何か。英語の構造はどのようになっているか。言語の普遍的特性は何か。変形生成文法の登場に伴う理論の進展とともに考察する。深い構造など、抽象的レベル問題のほか、文型論など、具体的問題に及ぶ。改訂増補にあたり、今世紀初頭における回顧と展望を含む「生成文法のその後と認知文法」と最近脚光を浴びている認知文法の立場から「英語の冠詞再考」の2章が加えられた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ことばとは何か
  • 第2章 言語の構成と言語行動
  • 第3章 言語学・戦後の歩み
  • 第4章 変形文法理論とレベル
  • 第5章 言語における句構造と変形構造
  • 第6章 生成文法のその後と認知文法
  • 第7章 新言語学と英語教育とのかかわり
  • 第8章 英語文型論
  • 第9章 英語の冠詞再考-認知文法の立場から

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 20世紀新言語学は何をもたらしたか
著作者等 安井 稔
書名ヨミ 20セイキ シン ゲンゴガク ワ ナニ オ モタラシタカ
書名別名 素顔の新言語学

20seiki shin gengogaku wa nani o motarashitaka
シリーズ名 開拓社言語・文化選書 29
出版元 開拓社
刊行年月 2011.10
ページ数 209p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7589-2529-7
NCID BB07143958
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22000298
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想