通俗二河白道講話 : 一名・護信録

粟津義圭 述 ; 佐々木慧雲 訂

[目次]

  • 標題紙
  • 目次
  • 第一 白の字意味ある事
  • 第二 常不軽菩薩の因縁
  • 第三 祖師御同朋の殊遇
  • 第四 蓮師同行の待遇
  • 第五 兄弟金を棄つる因縁
  • 第六 回向発心、自力他力の説
  • 第七 高祖決定心の御譬
  • 第八 禅勝房の御@解
  • 第九 @@@@を探す喩
  • 第十 呉の孫皓の因縁
  • 第十一 曇巒大師往生の二字の問答
  • 第十二 竜舒居士の説
  • 第十三 沙弥大竜王となりし因縁
  • 第十四 喩に仮実の二種ある事
  • 第十五 法華経に三周説法を説
  • 第十六 恵施君を諫に譬を以てする因縁
  • 第十七 業平富士山の譬
  • 第十八 二河白道大意の弁
  • 第十九 父子相向の弁
  • 第二十 嬰児に伝の喩
  • 第廿一 魯の秦西巴慈悲心の因縁
  • 第廿二 外邪異見の弁
  • 第廿三 奴主人の首をとる譬
  • 第廿四 無宿善の説
  • 第廿五 迦葉尊者の因縁
  • 第廿六 弘法大師帝へ御返辞の事
  • 第廿七 源光阿闍梨の事
  • 第廿八 天台大師の釈
  • 第廿九 箱根大井川の喩
  • 第三十 人寿百年の説
  • 第卅一 荘子に盗跖が事
  • 第卅二 当機と結縁の弁
  • 第卅三 白業黒業の弁
  • 第卅四 孔子少西卯を誅する事
  • 第卅五 後漢羊続が事
  • 第卅六 楊震の四知の事
  • 第卅七 闇夜の喩
  • 第卅八 朝寝の喩
  • 第卅九 親に◇当の譬
  • 第四十 公義の御◇者の喩
  • 第四十一 雨◇◇にあつまる喩
  • 第四十二 如来知慧海の説
  • 第四十三 孟子心を動さぬの説
  • 第四十四 晋の稽康の事蹟
  • 第四十五 小野の小町が事
  • 第四十六 ひとり旅の喩
  • 第四十七 法華及び心地観経の説
  • 第四十八 因果撥無の弁
  • 第四十九 法顕三蔵の求法の因縁
  • 第五十 諸仏の浄土凡夫佳生の道な◇説
  • 第五十一 澄円十勝論の語
  • 第五十二 寧の字義
  • 第五十三 優波麹多尊者弟子を誡む因縁
  • 第五十四 既の字義
  • 第五十五 吉崎の御堂を御建立の事
  • 第五十六 家隆七十才にして仏門に入る
  • 第五十七 仁徳天皇淀川堀通の縁
  • 第五十八 大徳は喜び難く小恵は喜び易し
  • 第五十九 護念増上縁の説
  • 第六十 荊軻大武勇の譬
  • 第六十一 疑怯退心の字義
  • 第六十二 斉の国陣不占の因縁
  • 第六十三 義仲最期の事
  • 第六十四 乗託の字義
  • 第六十五 賀知章が古事
  • 第六十六 黄昏渡りを争ふ事
  • 第六十七 人間一代を時尅に配する譬
  • 第六十八 大海塵沙会の弁
  • 第六十九 娑婆の字義
  • 第七十 娑婆なをし火宅の如き弁
  • 第七十一 呉信叟の古事
  • 第七十二 西伯文王の悲慈
  • 第七十三 極楽宝国
  • 第七十四 石崇、王愷奢侈の事
  • 第七十五 漢の武帝の事
  • 第七十六 始皇仙薬を求めし古事
  • 第七十七 ◇阿舎経六窓の喩
  • 第七十八 三猿堂の因縁
  • 第七十九 五陰四大の意義
  • 第八十 法句経の偈文
  • 第八十一 子は三界の首械
  • 第八十二 人間一生は旅宿の如し
  • 第八十三 断常二見の弁
  • 第八十四 阿舎智識品の説
  • 第八十五 能の字義
  • 第八十六 蓮華の喩
  • 第八十七 定水帯の古事
  • 第八十八 能生の三義
  • 第八十九 業道は評の如き喩
  • 第九十 橋がせはふ思はれる喩
  • 第九十一 歴縁対境
  • 第九十二 泥水の喩
  • 第九十三 道場法師の事
  • 第九十四 法然聖人御出家の事
  • 第九十五 祖師聖人御出家の事
  • 第九十六 自造罪退の説
  • 第九十七 祖師上人教名への御示し
  • 第九十八 稲荷の称祗狐に化さる喩
  • 第九十九 眼病の比丘蓮をがく因縁
  • 第百 親雅子を失ふて喚喩
  • 第百一 俊寛僧都流罪の因縁
  • 第百二 四顛倒の事
  • 第百三 富家翁を諫むる詩
  • 第百四 我法二執の弁
  • 第百五 檀林皇后の因縁
  • 第百六 蚕蘭自縛の喩
  • 第百七 媒灼の譬喩
  • 第百八 冉有、季路の喩
  • 第百九 源の義朝の事
  • 第百十 明智光秀の事
  • 第百十一 遷家に妻を忘れし話
  • 第百十二 身の上の大事
  • 第百十三 商人茗荷に飽く話
  • 第百十四 文選座右の銘
  • 第百十五 聖覚法印の御釈
  • 第百十六 兼房夢に人丸を見る事
  • 第百十七 宋人苗をひきのばす話
  • 第百十八 飢饉の歳義倉を発く喩
  • 第百十九 乗するに付法然聖人の御釈
  • 第百二十 一に道心発時本願に乗ず
  • 第百廿一 二に悪業の思る時本願に乗ず
  • 第百廿二 一に道心の起る時本願に乗せず
  • 第百廿三 二に悪業の起る時本願に乗せず
  • 第百廿四 捨のり通し乗の喩
  • 第百廿五 田舎者都に登りし喩
  • 第百廿六 漢の斉門豹の事

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 通俗二河白道講話 : 一名・護信録
著作者等 佐々木 恵雲
粟津 義圭
佐々木慧雲 訂
書名ヨミ ツウゾク ニガ ビャクドウ コウワ : イチメイ ゴシンロク
書名別名 Tsuzoku niga byakudo kowa
出版元 興教書院
刊行年月 明26.12
ページ数 174p
大きさ 19cm
NCID BA77986717
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
40048040
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想