峨山禅師言行録

日種譲山 編

[目次]

  • 標題紙
  • 目次
  • 一 大きな腹 / 1
  • 二 坊主は損な商売 / 4
  • 三 幼時の豪胆 / 5
  • 四 魚肉珍らしくない / 6
  • 五 住職訓誨 / 6
  • 六 峨山の天竜 / 7
  • 七 馬鹿の附合 / 8
  • 八 無我無敵 / 10
  • 九 真心一片 / 11
  • 一〇 小刀創もつかぬ / 12
  • 一一 政府の力は借らぬ / 12
  • 一二 小さいのてよい / 13
  • 一三 山上の接心 / 14
  • 一四 山県侯と問答 / 15
  • 一五 正眼寺の怪物 / 16
  • 一六 褌も糞の附合 / 17
  • 一七 穢多と大臣 / 17
  • 一八 峨山の衣 / 19
  • 一九 換水訓示 / 19
  • 二〇 一寸家康に / 20
  • 二一 横着坊主を打殺せん / 21
  • 二二 郡長と管長 / 23
  • 二三 殺生戒の垂示 / 23
  • 二四 嬶位は好いが / 24
  • 二五 坊主の見識 / 24
  • 二六 自から米を踏む / 25
  • 二七 家主の心得 / 26
  • 二八 口先と筆先 / 27
  • 二九 川口男の胆を裂く / 27
  • 三〇 信心力 / 28
  • 三一 末松男を驚す / 29
  • 三二 義堂の大喝 / 30
  • 三三 山上の垂訓 / 30
  • 三四 難兄難弟 / 31
  • 三五 住職規約 / 32
  • 三六 溺水と救助 / 32
  • 三七 頭陀袋に網代笠 / 33
  • 三八 根本が薄弱 / 34
  • 三九 参禅問答 / 34
  • 四〇 慈の一字 / 35
  • 四一 敵はない / 36
  • 四二 糞袋打捨てよ / 37
  • 四三 普請と雲水 / 38
  • 四四 勧化は峨山の役目 / 39
  • 四五 火事見た罰 / 39
  • 四六 牛のケツ / 40
  • 四七 本心と幽霊 / 40
  • 四八 報恩の心得 / 42
  • 四九 両請と接心 / 42
  • 五〇 内地雑居と宗教家 / 43
  • 五一 井戸と法衣代 / 44
  • 五二 角力談 / 45
  • 五三 天地と人間 / 45
  • 五四 師の清廉 / 46
  • 五五 堺の西洋料理 / 47
  • 五六 峨山の汽車 / 47
  • 五七 神経病者へ垂訓 / 48
  • 五八 夫はお互様 / 49
  • 五九 畦まくら / 50
  • 六〇 おれが殺した / 50
  • 六一 靖州和尚の談 / 51
  • 六二 利井明朗師の談 / 52
  • 六三 炊事と無駄事 / 56
  • 六四 新年の訓誡 / 57
  • 六五 峨山は動かぬ / 62
  • 六六 星亨と問話 / 63
  • 六七 虎嘯獅吼 / 65
  • 六八 鹿の供艱 / 66
  • 六九 托鉢の垂誡 / 67
  • 七〇 射的と修行 / 68
  • 七一 幽霊の芝居 / 68
  • 七二 侍者の前は窮屈 / 69
  • 七三 某大佐を呑却す / 70
  • 七四 法盛なれば魔亦盛也 / 71
  • 七五 戦役と書柬 / 72
  • 七六 嵯峨焼庵主 / 73
  • 七七 鬼禎 / 74
  • 七八 文禅と武禅 / 75
  • 七九 椽のみの眼鏡 / 76
  • 八〇 以身説法 / 76
  • 八一 二十分間に百八十万円 / 78
  • 八二 石屋の事は不案内 / 78
  • 八三 念仏の法話 / 79
  • 八四 峨山は峨山 / 81
  • 八五 仏骨奉迎 / 81
  • 八六 土方の手伝 / 82
  • 八七 仕事の秘訣 / 83
  • 八八 仏様には遠慮は無用 / 84
  • 八九 月に灯火は不風流 / 84
  • 九〇 初志を全ふせよ / 85
  • 九一 天下にやれぬ事はない / 86
  • 九二 竜淵和尚の談 / 86
  • 九三 洞宗和尚の談 / 88
  • 九四 薬師寺老尼の談 / 88
  • 九五 井上の談 / 89
  • 九六 加藤師の書柬 / 93
  • 九七 見台待者 / 93
  • 九八 近きに苦衆生あり / 94
  • 九九 小山氏の談 / 95
  • 一〇〇 無隠居士の談 / 97
  • 一〇一 時計持と鎖持 / 97
  • 一〇二 不実と不徳 / 98
  • 一〇三 南涯居士の談 / 99
  • 一〇四 文明とコロ◇ン / 100
  • 一〇五 捨身の試験 / 101
  • 一〇六 禅坊主と角力取 / 101
  • 一〇七 質素と実情 / 102
  • 一〇八 慈悲松樹に及ぶ / 103
  • 一〇九 女子と三十棒 / 104
  • 一一〇 読経と浄瑠璃 / 104
  • 一一一 弊衣保存 / 105
  • 一一二 師資の禁酒 / 106
  • 一一三 何ぞ俗吏を煩はさん / 107
  • 一一四 復古の一点張 / 107
  • 一一五 新内閣組織 / 108
  • 一一六 師と品川子 / 109
  • 一一七 又三千円 / 111
  • 一一八 品川子と須達長者 / 112
  • 一一九 我を忘れてやる / 113
  • 一二〇 天竜と長州 / 114
  • 一二一 脚下が留守 / 116
  • 一二二 寒潭魚躍 / 116
  • 一二三 牛頭馬骨と撰◇ず / 117
  • 一二四 大西郷かな / 117
  • 一二五 中井氏の談 / 118
  • 一二六 公仙子へ垂示 / 121
  • 一二七 松方伯に大工を照介す / 121
  • 一二八 峨山の内仏 / 122
  • 一二九 愛宕登り / 123
  • 一三〇 峨山は変らぬ / 123
  • 一三一 ふとい奴ぢや / 124
  • 一三二 教育談 / 125
  • 一三三 車は体裁がよい / 126
  • 一三四 屁一つて天竜寺 / 126
  • 一三五 三首座感泣す / 127
  • 一三六 一方の大関 / 128
  • 一三七 鎖刀の御仕置 / 128
  • 一三八 師の書柬 / 129
  • 附録

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 峨山禅師言行録
著作者等 峨山 紹碩
日種 譲山
紹碩
書名ヨミ ガザン ゼンジ ゲンコウロク
書名別名 Gazan zenji genkoroku
出版元 宝文館
刊行年月 明41.1
ページ数 150p
大きさ 23cm
NCID BN15364571
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
40048513
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想