蓮如聖訓

猪飼法量 編

[目次]

  • 標題紙
  • 目次
  • 一 改悔文
  • 二 思案の頂上
  • 三 他力大行の催促
  • 四 油屋の払ひは、盲人は太儀がる
  • 五 法師にくければ袈裟まで
  • 六 しつらふ
  • 七 万里の差は一歩に初まる
  • 八 参つた人、話に来た人、眠りに来た人
  • 九 打つ手は摩する手なり
  • 一〇 まぎれては参られず
  • 一一 不思議の中の不思議
  • 一二 我は乾鳥にも劣れり
  • 一三 仏法には無我と仰られ候
  • 一四 上人一代の精神
  • 一五 虫啼いて後、秋風立つにわらす
  • 一六 仏法には明日と申事あるまじく候
  • 一七 まことのきこ◇ぬ耳
  • 一八 時節到来といふは
  • 一九 木像ものいはず
  • 二〇 盗人は何時捕へらるるか知れず
  • 二一 蒔きたてといふもの知りたるか
  • 二二 いろは歌(其一)
  • 二三 信心に御なぐさみ候
  • 二四 親にまかせば、よき様に、はからひたまふ
  • 二五 恥といふを思へ
  • 二六 一宗の繁昌といふは
  • 二七 いろは歌(其二)
  • 二八 我等は最も弱きものなり、最も強きもの也
  • 二九 まいらせ心はわろし
  • 三〇 焼けども失せぬ重宝は南無阿弥陀仏なり
  • 三一 耳を蔽ふて鈴を◇む人
  • 三二 摂取といふは
  • 三三 いろは歌(其三)
  • 三四 「松影のくらきは月の光かな」
  • 三五 砂上に家を築く人は誰ぞ
  • 三六 心得たと思ふは心得ぬなり
  • 三七 焼くに焼かれぬ金剛の信
  • 三八 いろは歌(其四)
  • 三九 京に田舎あり
  • 四〇 近きは至つて遠し
  • 四一 久遠劫来はじめての処
  • 四二 耳なれ雀
  • 四三 いろは歌(其五)
  • 四四 氷は水晶とならず
  • 四五 僧俗ともに
  • 四六 法敬とは兄弟よ
  • 四七 いろは歌(其六)
  • 四八 いづれも願力所成なり
  • 四九 上人の御持言
  • 五〇 一時の宝、永久の宝
  • 五一 ききうるひと
  • 五二 念仏申さるべし
  • 五三 しりさうもなきものが
  • 五四 いろは歌(其七)
  • 五五 白き大根、赤き人参
  • 五六 心を剃らぬ人
  • 五七 明のために篝火すれば、求めざるに暖を得
  • 五八 いろは歌(其八)
  • 五九 触光柔輭
  • 六〇 聖人の御用、仏法領の物
  • 六一 後生ほどの一大事はあるまじく候
  • 六二 暇あけてといはば聞ときなし
  • 六三 遇獲信心遠慶宿縁
  • 六四 水よく石をうがつ
  • 六五 永久の問題にして、また刻下の問題なり
  • 六六 廃立といへる事
  • 六七 物もたずして人に与へんとす、難い哉
  • 六八 老の皺をのべ候
  • 六九 歓喜と慶喜
  • 七〇 無碍光仏
  • 七一 念称是一
  • 七二 何事も何事も
  • 七三 一念の露を結べば
  • 七四 当流には
  • 七五 一向に他力なり
  • 七六 かごに水、水にかご
  • 七七 よき事をしても、悪き事をしても
  • 七八 義なきを義とす
  • 七九 誰がための用意ぞ
  • 八〇 はぢにならぬ恥
  • 八一 あらたそろしや
  • 八二 若きが若きとはならず
  • 八三 手でする事を足で
  • 八四 仏説に虚妄なし
  • 八五 光明と名号
  • 八六 如何ともすべからず
  • 八七 火の如き同情
  • 八八 いづれもわろし
  • 八九 人まねにては詮なし
  • 九〇 和歌(其一)
  • 九一 我等自ら省みて慚愧堪へず
  • 九二 如来の冥加
  • 九三 御同朋御同行
  • 九四 足もとをみねば
  • 九五 能々わろければこそ
  • 九六 歳末の礼
  • 九七 必ず浄土にて御目にかかり申べく候
  • 九八 和歌(其二)
  • 九九 御病床中のすさび
  • 一〇〇 信心だに一味ならば

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 蓮如聖訓
著作者等 兼寿
猪飼 法量
書名ヨミ レンニョ セイクン
出版元 法蔵館
刊行年月 明42.3
ページ数 96p
大きさ 13cm
全国書誌番号
40048416
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想