竜温語録

大須賀秀道 編

[目次]

  • 目次
  • 一 我が心 / 1
  • 二 お直しに預るといふ事 / 2
  • 三 方向転換 / 2
  • 四 摂取の力 / 3
  • 五 一ッことを、能く能く聴くべし / 3
  • 六 往く心になれば往き易し / 4
  • 七 何もかも忘れて嬉しうなる也 / 5
  • 八 聞法飽くなし / 5
  • 九 寸長く、尺短し / 6
  • 一〇 聞 / 7
  • 一一 信心正因 / 7
  • 一二 聞きやうに狂ひあり / 8
  • 一三 よくよく生起本末を聞くべし / 8
  • 一四 大悲の回向 / 9
  • 一五 命は法の宝 / 10
  • 一六 隣の宝 / 10
  • 一七 味を知れる鮮し / 11
  • 一八 歓喜の源泉 / 12
  • 一九 珠玉を吐くが如し / 12
  • 二〇 心和らぐべき也 / 13
  • 二一 求道心 / 14
  • 二二 六字に懴悔の徳あり / 14
  • 二三 念仏の大益 / 15
  • 二四 迷へば東西倶に失ふ / 16
  • 二五 蟹の手を蕩されたるが如し / 17
  • 二六 恩にも受けると也 / 18
  • 二七 口と心、耳と心 / 19
  • 二八 疑ひと愚痴 / 19
  • 二九 お与への信心 / 20
  • 三〇 一称一念知られざるはなし / 21
  • 三一 真実が届けば疑晴れる / 21
  • 三二 一念にたのめの事 / 22
  • 三三 希望 / 22
  • 三四 転倒の凡夫 / 23
  • 三五 我が身を呵す / 24
  • 三六 一人一人の凌ぎ / 24
  • 三七 赤尾の入道、我心に頼む / 25
  • 三八 因縁 / 26
  • 三九 宿善を案じるな、御縁を喜べ / 27
  • 四〇 起るは宿善也 / 28
  • 四一 法水入らざれば疑垢脱ちず / 28
  • 四二 多ければ価安し / 29
  • 四三 仏法の大意 / 30
  • 四四 信は得ずとも先づ喜ぶべし / 34
  • 四五 法尓の道理 / 34
  • 四六 御慈悲の我物になる事 / 35
  • 四七 ききうる事 / 36
  • 四八 あやまちの事 / 37
  • 四九 疑起す人少し / 38
  • 五〇 疑のはらしやうの事 / 38
  • 五一 疑晴れる遅速の事 / 39
  • 五二 疑を御化導の杖で打出して貰ふ事 / 40
  • 五三 疑は信のウラハラの事 / 40
  • 五四 疑ふものがらの事 / 41
  • 五五 自力の離れぬ間は疑晴れぬ事 / 42
  • 五六 疑は無明が根となる事 / 43
  • 五七 臨終の取詰らぬ心なる事 / 44
  • 五八 我心で願力のたのまれぬ事 / 45
  • 五九 タノム信ずる事 / 46
  • 六〇 我機を歎くも〓慢也 / 47
  • 六一 よりかかる事 / 47
  • 六二 二ッ一ッの思ひ / 48
  • 六三 喞琢同時 / 49
  • 六四 報恩 / 49
  • 六五 募る者、歎く者、口説く者 / 50
  • 六六 改めるより信心の手は上る也 / 51
  • 六七 法を得手に引く / 52
  • 六八 楽屋と舞台との取違へ / 52
  • 六九 聞き心、向ひやう、得る相 / 54
  • 七〇 聞き心に種々の誤りあり / 54
  • 七一 誤りとは不急を急ぐ也 / 55
  • 七二 名号を御回向の事 / 58
  • 七三 為の一字須弥山より重し / 58
  • 七四 一人たりともといふ本拠 / 59
  • 七五 我身一人のためと引受けらるる所以 / 60
  • 七六 親一人とは思へても、子一人がおもはれぬ / 61
  • 七七 宝の山に手を空しくして帰る / 62
  • 七八 螟蛉の子 / 62
  • 七九 願心終不退 / 63
  • 八〇 フカクタノム / 63
  • 八一 二種深信 / 64
  • 八二 極難信 / 65
  • 八三 冥加之事 / 65
  • 八四 後生助け給への事 / 66
  • 八五 目標とすべきもの / 67
  • 八六 言に失なく、心に失あり / 68
  • 八七 たのみ心の教へやう / 69
  • 八八 願行具足と機法一体 / 71
  • 八九 たのむ一念に願行具足す / 73
  • 九〇 称名信心帰命是一也 / 75
  • 九一 悪人になつて助けて貰ふ也 / 77
  • 九二 念持の義 / 78
  • 九三 回向の信心とは、六字によりて、我心に御慈悲を受け持つ也 / 80
  • 九四 タノメの御言の事 / 81
  • 九五 仏心凡心一体 / 82
  • 九六 三信の味ひ / 83
  • 九七 まこと / 84
  • 九八 至り届いた心 / 84
  • 九九 一ッ心也 / 85
  • 一〇〇 後生助け給への御言 / 85
  • 一〇一 たのむ一念に覚江なき味ひ / 90
  • 一〇二 他力の発起 / 91
  • 一〇三 雑行は自ら捨たる也 / 92
  • 一〇四 後生に実意のなき事 / 93
  • 一〇五 大事に思ふたと、なりたとは異ふ / 94
  • 一〇六 人並と思ふべからず / 95
  • 一〇七 親が子に礼言ひて手習ひさす如し / 97
  • 一〇八 後生助け給へとたのめとは、外の心は起らぬ程に心配するなよとの仰せ也 / 98
  • 一〇九 押付気味 / 99
  • 一一〇 凡夫で定められぬ一念 / 101
  • 一一一 善知識のことばの下の事 / 102
  • 一一二 一念と後念 / 103
  • 一一三 甘露の念仏 / 104
  • 一一四 病める青年に遣せる法話 / 105
  • 一一五 妙薬の力 / 106
  • 一一六 急がば廻れ / 106
  • 一一七 三信即大悲心 / 107
  • 一一八 自力のかなはざること / 107
  • 一一九 只今とおもはれぬ事 / 108
  • 一二〇 臨終の一念 / 109
  • 一二一 臨終侮るべからず / 111
  • 一二二 平生業成 / 113
  • 一二三 自の宿業の有無を疑ふ可からず / 114
  • 一二四 疑ふは己が罪也 / 115
  • 一二五 雲と月 / 116
  • 一二六 我心を先きに立てる / 117
  • 一二七 心の底の味ひが最微細也 / 118
  • 一二八 盲人の杖を失ふ如し / 119
  • 一二九 麁垢先除くが如し / 120
  • 一三〇 帰する心の疑なきを信心といふ / 121
  • 一三一 他力でなければ晴れぬ疑あり / 122
  • 一三二 無疑の一心 / 124
  • 一三三 疑のなくなりた心ばえ / 125
  • 一三四 衆生が仏を捨てる也 / 126
  • 一三五 大悲が届いて疑晴れる也 / 127
  • 一三六 疑は如何にして晴るるか / 131
  • 一三七 疑に種々あること / 133
  • 一三八 後生大事と思はれぬ疑に就いて / 135
  • 一三九 後生一大事に型のきまりなし / 136
  • 一四〇 道心体なし / 137
  • 一四一 一大事といふこと / 138
  • 一四二 水上の雪の如し / 139
  • 一四三 聴聞の心に入らぬ疑に就いて / 140
  • 一四四 地獄一定と思はれぬ疑に就いて / 141
  • 一四五 願力と心とが離れ離れになるといふ疑に就いて / 142
  • 一四六 たのんでも助かられまいかといふ疑に就いて / 143
  • 一四七 信後より立還りて初一念を疑ふ疑 / 146
  • 一四八 身の不実より疑を起すこと / 149
  • 一四九 懼慮と疑とは別なり / 149
  • 一五〇 身に覚えあれば疑はざる也 / 150
  • 一五一 信を得ても落着かれると思ふべからず / 151
  • 一五二 先徳出離の道にわづらひ給ふ事 / 152
  • 一五三 落着けば動き出す也 / 154
  • 一五四 歎きは実なき也 / 155
  • 一五五 自然の報謝 / 157
  • 一五六 百尺の竿頭一歩を進めよ / 157
  • 一五七 お慈悲ばかりあてにするは誤り也 / 159
  • 一五八 仏のたねを与へて仏にしてやる / 161
  • 一五九 与へたうても与へられぬ / 161
  • 一六〇 邪見〓慢 / 162
  • 一六一 邪見のすがたの事 / 163
  • 一六二 あたりまへの一言、仏教儒教を反古にす / 166
  • 一六三 道徳は泥道を行くが如し / 167
  • 一六四 安心消息 / 168
  • 一六五 我心に騙される所 / 172
  • 一六六 世に紛れて窃に往生する人あり / 172
  • 一六七 浮世の喜びと仏法の喜び / 173
  • 一六八 何を以て助るか / 175
  • 一六九 明にそみそみせぬが業報ぢや / 177
  • 一七〇 知りつつ堕るが業也 / 177
  • 一七一 我心が知れぬ也 / 181
  • 一七二 自身の業報を観ずべし / 182
  • 一七三 機の六字、法の六字 / 182
  • 一七四 道理にはづれた所が聞えぬ也 / 185
  • 一七五 自力を捨てて他力に帰する相 / 188
  • 一七六 守株は危し / 190
  • 一七七 有難う思はれぬが業報也 / 191
  • 一七八 冠履顛倒 / 192
  • 一七九 怖るべきは増上慢也 / 194
  • 一八〇 後生の願はれぬ障の事 / 197
  • 一八一 我後生の疑晴れ悪き所以 / 199
  • 一八二 機を歎くは未だ我機を知られざるに由る / 201
  • 一八三 願はれぬが業也 / 201
  • 一八四 自ら欺く / 204
  • 一八五 ◇江こじけの信心 / 206
  • 一八六 法味飽くことなし / 207
  • 一八七 疑ひのつまらぬこと / 208
  • 一八八 まこに聞かぬ事 / 211
  • 一八九 死ぬことを急げではない、信心をいそげいそげとのたまふ / 211
  • 一九〇 時を失ふ莫れ / 212
  • 一九一 いそげいそげと仰せらるる思召 / 213
  • 一九二 信心は出立也 / 214
  • 一九三 ただ今生にあり / 215
  • 一九四 励み求むるは自力に非ず / 216
  • 一九五 懈怠に打ち驚ける時 / 217
  • 一九六 未信に懈怠あり / 218
  • 一九七 大山を見ず / 219
  • 一九八 やすく聞かれる御恩 / 219
  • 一九九 よく聞くこと / 220
  • 二〇〇 求めて聞けよ / 221
  • 二〇一 聞くに骨折るべしたのむに骨折るべからず / 222
  • 二〇二 力を入るべし、入るべからず / 223
  • 二〇三 身を捨つべし / 224
  • 二〇四 聞くも他力也 / 225
  • 二〇五 本願の本を聞くべし / 226
  • 二〇六 疑ふ心のなきが信心也 / 226
  • 二〇七 吾祖の持言、元祖の御心 / 227
  • 二〇八 五劫の御思惟 / 228
  • 二〇九 朝暮の「正信偈」は、名号の謂れをお聞せ下さるる也 / 229
  • 二一〇 耳で聞け / 230
  • 二一一 聞く一ッが修行也 / 231
  • 二一二 炙 / 232
  • 二一三 人なみのこと / 232
  • 二一四 人は悉く悪人なること / 232
  • 二一五 苦を怖れて而かも苦を好むもの / 234
  • 二一六 たのむといふことが判り兼る理由 / 235
  • 二一七 判つたやうで判らぬ一念 / 236
  • 二一八 片づけて置く心と疑ひなき心と紛らかして居る也 / 237
  • 二一九 任せたに非ず棄てた也 / 238
  • 二二〇 鰌を攫むが如し / 239
  • 二二一 他力信心 / 239
  • 二二二 疑なきがたのむなり / 240
  • 二二三 罪は悉く助かる也 / 240
  • 二二四 秤の低昂 / 241
  • 二二五 一念とは一心也 / 242
  • 二二六 一念の時 / 243
  • 二二七 往生の定まれる時 / 244
  • 二二八 信心歓喜 / 245
  • 二二九 疑ひ晴れた一念 / 246
  • 二三〇 手早き也、仏のなしわざ也 / 247
  • 二三一 業が断れて喜ぶ / 248
  • 二三二 功徳身に満つる事 / 249
  • 二三三 因小果大 / 250
  • 二三四 後生一大事といふこと / 250
  • 二三五 一大事の思ひに別体なし / 251
  • 二三六 言別にして体同じ / 252
  • 二三七 〓墻の論 / 254
  • 二三八 ただの御助けといふこと / 255
  • 二三九 「改悔文」の通りぢや / 255
  • 二四〇 悪知識 / 257
  • 二四一 悪引導 / 257
  • 二四二 紛れるといふこと / 258
  • 二四三 紛れて苦しからぬこと / 259
  • 二四四 紛れてならぬこと / 260
  • 二四五 名利勝他 / 262
  • 二四六 むつかしいことではない、易く呑込ませうとてタノム信ズルといふ / 264
  • 二四七 法水毒と化す / 265
  • 二四八 吟味しどころ / 265
  • 二四九 タノメとのたまふ事 / 266
  • 二五〇 仰せに随へば楽なもの也 / 266
  • 二五一 理屈にくくらるる事 / 267
  • 二五二 おちつかぬが疑ひ也 / 268
  • 二五三 胸で料簡つけて居るが計ひ也 / 268
  • 二五四 良薬口に苦し / 269
  • 二五五 後生大事とは能く聞く心になりたこと也 / 270
  • 二五六 好きこそ物の上手なれ / 271
  • 二五七 蛇の生殺し / 271
  • 二五八 煩悩は心の底から起す事 / 272
  • 二五九 嫌ひでないが仕合也 / 273
  • 二六〇 我心にだまされる事 / 275
  • 二六一 求むる者は得ず / 276
  • 二六二 危うかりける我身也 / 277
  • 二六三 一心帰命の要義 / 278
  • 二六四 就行就人の立信 / 281
  • 二六五 信心の体 / 281
  • 二六六 火打石 / 284
  • 二六七 仏境界 / 285
  • 二六八 仏身不思議の事 / 286
  • 二六九 仏声 / 287
  • 二七〇 見如不見 / 289
  • 二七一 称名 / 290
  • 二七二 しつかりと受けられぬ / 291
  • 二七三 信と行 / 292
  • 二七四 後生助け給への言の出る所以 / 293
  • 二七五 三業惑乱 / 295
  • 二七六 母の前に在る盲児 / 296
  • 二七七 六字のかたみ / 297
  • 二七八 与へるが即ち御助け也 / 298
  • 二七九 名体不離 / 299
  • 二八〇 仏体即行に非ず / 300
  • 二八一 たのめるが肝要 / 301
  • 二八二 忻浄厭穢 / 302
  • 二八三 旅立ち前の心 / 302
  • 二八四 面白や面白や / 303
  • 二八五 微細な疑ひ / 304
  • 二八六 教に順ふべし / 306
  • 二八七 思惑ちがひ / 307
  • 二八八 所帰即行 / 308
  • 二八九 心は業報だけより起らぬ也 / 309
  • 二九〇 溝が違へば落ちぬ / 310
  • 二九一 小児正月を待つ / 311
  • 二九二 極楽 / 312
  • 二九三 此度仕おほせばや / 313
  • 二九四 聞えた外に信心はない / 315
  • 二九五 若存若亡 / 316
  • 二九六 老尼への消息 / 318
  • 二九七 能く能く案すべし / 319
  • 二九八 骨折るべきこと二ッ / 321
  • 二九九 六時礼讃提要 / 323
  • 三〇〇 生死の大夢 / 324
  • 三〇一 鶏鳴 / 326
  • 三〇二 荒れたる宿に泊りたるが如し / 327
  • 三〇三 旅のなごり / 329
  • 三〇四 勝を千里の外に決す / 330
  • 三〇五 苦患の娑婆で嬉しいの声が出る也 / 331
  • 三〇六 道連れは追剥ぎ也 / 332
  • 三〇七 信の上の称名の事 / 334
  • 三〇八 たもち称へる事 / 334
  • 三〇九 三祖御喩の事 / 335
  • 三一〇 信の上の報謝は励むべし / 337
  • 三一一 忘れてならぬ事 / 339
  • 三一二 大恩は知りにくい事 / 340
  • 三一三 是心不顛倒 / 341
  • 三一四 杜鵑 / 342
  • 三一五 仏恩報謝をつとめる巧方便の事 / 342
  • 三一六 忘れられること、忘れられぬこと / 344
  • 三一七 念仏の行者 / 344
  • 三一八 口も心も一ッ也 / 345
  • 三一九 大樹の蔭の如し / 346
  • 三二〇 是で助からねば衆生が仏を捨てる也 / 346

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 竜温語録
著作者等 大須賀 秀道
書名ヨミ リュウオン ゴロク
出版元 法蔵館
刊行年月 明43.12
ページ数 347p
大きさ 19cm
NCID BA87050974
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
40048358
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想