法然上人芳躅集

東京宗教大学分校紀念出版会 編

[目次]

  • 目次
  • 第一 日本仏教史上に於ける宗祖の地位 / 1p
  • 一 序説
  • 二 教会史上に於ける宗祖の地位
  • 三 教理史上に於ける宗祖の地位(上)
  • 四 教理史上に於ける宗祖の地位(下)
  • 五 結論
  • 第二 宗祖と其時代 / 30p
  • 一 緒言
  • 二 平安朝末葉社会の状態
  • 三 平安朝末葉社会の思潮
  • 四 平安朝末葉僧界の有様
  • 五 総結
  • 第三 宗祖の人生観 / 52p
  • 一 人生問題の発端
  • 二 無常観と罪悪の自覚
  • 三 信仰的生活
  • 四 人生の帰趣
  • 五 人生の修養
  • 第四 宗祖の女性観 / 68p
  • 一 緒言
  • 二 仏教の女性観
  • 三 宗祖己前の女性観
  • 四 宗祖の女性観
  • 五 結論
  • 第五 愚痴の法然房 / 79p
  • 一 宗祖の無常観
  • 二 宗祖の罪悪観
  • 三 愚痴の告白(上)
  • 四 愚痴の告白(下)
  • 第六 宗祖開宗の精神 / 99p
  • 一 序論
  • 二 宗祖の出現は時代向上の要求なり
  • 三 宗祖開宗の精神は平民主義なり
  • 四 宗祖開宗の精神は実践主義なり
  • 五 結論
  • 第七 大原問答の顛末 / 120p
  • 一 序言
  • 二 興起
  • 三 宗義問答の大綱
  • 四 問答後の教勢
  • 五 結論
  • 第八 宗祖の御流罪 / 142p
  • 一 流罪の縁由
  • 二 花洛の名残
  • 三 配所の教化
  • 四 勅免帰洛
  • 五 入滅と瑞相
  • 第九 上人とその歌 / 154p
  • 一 上人の歌に就いて
  • 二 歌詠講述
  • 第十 大師の十徳 / 182p
  • 一 智慧深広の徳
  • 二 現証奇瑞の徳
  • 三 三朝帝師の徳
  • 四 高僧帰依の徳
  • 五 教化広多の徳
  • 六 持操堅固の徳
  • 七 慈悲宏大の徳
  • 八 勅修行状の徳
  • 九 〓号崇忌の徳
  • 十 本地高妙の徳
  • 第十一 宗祖と其奇跡 / 207p
  • 一 偉人と奇跡
  • 二 宗祖と其奇跡
  • 第十二 宗祖と其本地 / 212p
  • 一 発端
  • 二 浄土教と宗祖
  • 三 宗祖と其本地
  • 四 結論
  • 第十三 宗祖と兼実公 / 232p
  • 一 略歴
  • 二 玉葉の製作及内容概観
  • 三 幼時と其家庭
  • 四 宗祖と会見己前に於ける兼実公の信仰
  • 五 宗祖と会見己後に於ける兼実公の信仰
  • 六 兼実公の宗祖に帰依せし原因
  • 第十四 法然上人と栄西禅師 / 249p
  • 一 緒論
  • 二 法然上人と栄西禅師
  • 三 法然上人の開宗と念仏の流行
  • 四 浄土宗に対する旧仏教徒の迫害
  • 五 法然上人の態度
  • 六 栄西禅師の開宗と衆徒の迫害
  • 七 栄西禅師の態度を論じて法然上人に及ぶ
  • 八 結論
  • 第十五 二祖上人の眼に映じたる法然上人 / 271p
  • 一 二祖上人の眼に映じたる法然上人
  • 二 法然上人の眼に映じたる二祖上人
  • 第十六 宗祖滅後の教勢 / 281p
  • 一 面受親承の門下
  • 二 大師の伝記編纂
  • 三 浄土宗に対する他宗徒の妨難

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 法然上人芳躅集
著作者等 東京宗教大学分校紀念出版会
法然
源空
書名ヨミ ホウネン ショウニン ホウタクシュウ
書名別名 Honen shonin hotakushu
出版元 前田嘉右衛門
刊行年月 明42.4
ページ数 315p
大きさ 22cm
NCID BN11609804
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
40048230
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想