象徴の理論

ツヴェタン・トドロフ [著] ; 及川馥, 一之瀬正興 訳

[目次]

  • 第1章 西欧における記号学の発生(個別的伝統
  • アウグスティヌスの綜合
  • 若干の結論)
  • 第2章 修辞学の栄枯盛衰
  • 第3章 修辞学の終焉
  • 第4章 模倣理論の不運
  • 第5章 模倣と有縁化
  • 第6章 ロマン主義の危機(ゲーテ
  • シェリング
  • その他のロマン派
  • クロイツァーとゾルガー)
  • 第7章 言語とその分身
  • 第8章 フロイトの修辞学
  • 第9章 ソシュールにおける象徴的なもの
  • 第10章 ヤコブソンの詩学
  • 付録 言表行為とフロイト

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 西欧における記号学の発生
  • 第2章 修辞学の栄枯盛衰
  • 第3章 修辞学の終焉
  • 第4章 模倣理論の不運
  • 第5章 模倣と有縁化
  • 第6章 ロマン主義の危機
  • 第7章 言語とその分身
  • 第8章 フロイトの修辞学
  • 第9章 ソシュールにおける象徴的なもの
  • 第10章 ヤコブソンの詩学

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 象徴の理論
著作者等 Todorov, Tzvetan
一之瀬 正興
及川 馥
トドロフ ツヴェタン
書名ヨミ ショウチョウ ノ リロン
書名別名 Theories du symbole
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 204
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2011.4
版表示 新装版
ページ数 517, 5p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-588-09936-6
NCID BB05377696
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21997474
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想