香月院語録

深励 著 ; 和田竜造, 今津紹柱 編

[目次]

  • 標題紙
  • 目次
  • 一 名を呼ぶが讃嘆 / 1
  • 二 聞く度びに珍らしければ時鳥 / 1
  • 三 読経方規 / 2
  • 四 向ふからの御持ち掛け / 3
  • 五 仏になるべき相 / 4
  • 六 池の端勧学屋 / 4
  • 七 他力より悪も起らぬ様になる / 5
  • 八 本願の誇りの二色 / 6
  • 九 弥陀の御約束 / 7
  • 一〇 本願に誇る心があればこそ / 7
  • 一一 学問するならば / 8
  • 一二 三歳の嬰児も八十の老翁も / 8
  • 一三 悪も恐れなし / 9
  • 一四 罪福信が邪魔になる / 10
  • 一五 月 / 11
  • 一六 恩を知るは大悲の本 / 12
  • 一七 薬をほむるには / 13
  • 一八 元祖と吾祖 / 13
  • 一九 尼入道の教人信 / 15
  • 二〇 物事を取り計ふには / 17
  • 二一 仏法に明日はなき也 / 18
  • 二二 幾度幾度も聴聞すれば / 18
  • 二三 我身を捨てても / 19
  • 二四 一人にても人の信を取るが、一宗の繁盛に候 / 20
  • 二五 他力の念仏 / 21
  • 二六 たのむなりの御助け / 22
  • 二七 弥陀の光明 / 23
  • 二八 思案の頂上 / 23
  • 二九 機法一体 / 24
  • 三〇 御法義と談合 / 26
  • 三一 四海兄弟 / 26
  • 三二 大に違ふと云ふは / 28
  • 三三 心に偽りあらじと / 29
  • 三四 法敬申され候 / 30
  • 三五 過分なる事 / 32
  • 三六 仏法の家に奉公せよ / 33
  • 三七 何でも人に順ふて / 34
  • 三八 冥加 / 35
  • 三九 好まぬは嫌ふなり / 36
  • 四〇 命は如何程長くとも / 37
  • 四一 坊主 / 37
  • 四二 小児に刀 / 38
  • 四三 唯今なりとも / 39
  • 四四 一念に往生 / 40
  • 四五 耳なし雀 / 41
  • 四六 坊主は罪人 / 42
  • 四七 仏法世法共に倦り / 47
  • 四八 信心と無我 / 48
  • 四九 大事の御客人 / 49
  • 五〇 此度は上り船なり / 50
  • 五一 布界英衲業終りて、老師の本へ帰省するを送りて / 51
  • 五二 捨つるも取るも / 52
  • 五三 仏物と思召し候 / 53
  • 五四 近づひて損は一つもなし / 54
  • 五五 宿善に遅速あり / 54
  • 五六 蓮如上人 / 55
  • 五七 弥陀の御教化 / 56
  • 五八 常随影護 / 56
  • 五九 唯易ひと計り思ふは誤りなり / 57
  • 六〇 弥陀に帰すればあなたから / 58
  • 六一 仏祖の御冥見 / 60
  • 六二 直されやうやう / 61
  • 六三 聖教読みの聖教読ます / 62
  • 六四 聖教読まずの聖教読み / 63
  • 六五 南無阿弥陀仏に身を丸められ / 64
  • 六六 口も心も / 64
  • 六七 今や遅しと待ちわび玉ふ / 65
  • 六八 自力念仏 / 67
  • 六九 豆大の火能く万畳の薪を焼く / 67
  • 七〇 信心の色目 / 69
  • 七一 誠の御門徒 / 70
  • 七二 懈怠勝ちなる此の私も / 71
  • 七三 自力念仏と他力念仏 / 74
  • 七四 報謝の念仏 / 75
  • 七五 定家卿の色紙 / 76
  • 七六 我身をしぶとう持てば / 77
  • 七七 南無阿弥陀仏の主になるなり / 78
  • 七八 信心の小判を拾ひながら / 79
  • 七九 よりかかり、よりもたれて / 81
  • 八〇 頼む一念の思ひ / 82
  • 八一 世間の事はよろづ仏法の事に取りなすべし / 83
  • 八二 一度び仏法を嗜みし人は、大様如在なれども驚き易し / 84
  • 八三 誰人にても、我れは悪ろしと思ふ者なし / 85
  • 八四 物知り顔の風情にて / 88
  • 八五 如来聖人を媒鳥とするは勿体なきことなり / 89
  • 八六 他力催促の大行 / 90
  • 八七 若き時仏法は嗜めと候 / 91
  • 八八 衆生の心を皆取り替へて、仏智計りにて別に御仕立て候ふことにては無く候 / 91
  • 八九 妻子と宿善 / 95
  • 九〇 先づ我身を勧化すべし / 96
  • 九一 諸仏の御力にても及び玉はぬは、我等凡夫の一大事なり / 96
  • 九二 極楽参りと地獄行き / 99
  • 九三 一期の誓ひと一期の頼み / 101
  • 九四 御本尊 / 103
  • 九五 堺の日向屋と大和の了妙 / 105
  • 九六 変らぬ所が珍らしい / 106
  • 九七 口まね信心 / 107
  • 九八 阿弥陀如来の御掟 / 108
  • 九九 如来聖人の御給仕 / 108
  • 一〇〇 無我 / 109
  • 一〇一 末世の凡夫と一代経 / 110
  • 一〇二 阿弥陀如来御一人 / 111
  • 一〇三 下がる時が上かる時、上がる時が下がる時なり / 111
  • 一〇四 能所是一 / 114
  • 一〇五 不思議を不思議と信受すべし / 115
  • 一〇六 唯一つの南無阿弥陀仏 / 117
  • 一〇七 念仏申せは御助けぞと / 117
  • 一〇八 義なきを義とすと知るべし / 118
  • 一〇九 助かる縁便りもなき徒ら者 / 119
  • 一一〇 随順師教 / 120
  • 一一一 悪人尚ほもて往生す況んや善人をや / 121
  • 一一二 善人尚ほもて往生す況んや悪人をや / 122
  • 一一三 仏目前に在します / 123
  • 一一四 永久寺の坊守 / 124
  • 一一五 覚へなし / 125
  • 一一六 信心と称名 / 126
  • 一一七 摩尼宝珠 / 127
  • 一一八 善知識 / 128
  • 一一九 藜の羮 / 128
  • 一二〇 聞くが薬ゆへ病気も治するなり / 129
  • 一二一 称へるもの頼むもの / 130
  • 一二二 水と波 / 131
  • 一二三 悪人正機 / 132
  • 一二四 迂り遠きに似たれども却りて捷径なり / 133
  • 一二五 追善供養 / 134
  • 一二六 知恩報徳 / 135
  • 一二七 無碍の一道 / 136
  • 一二八 唯円坊は浦山敷きことなり / 137
  • 一二九 我が物の様に心得て / 138
  • 一三〇 煩悩具足の凡夫と思はば / 139
  • 一三一 いらぬ事はせぬものなり / 139
  • 一三二 かまはぬのが結句かまふのになる / 140
  • 一三三 旅路 / 141
  • 一三四 喜ばれぬに就て愈々往生一定 / 142
  • 一三五 私ゆへの御本願 / 142
  • 一三六 本願の御約束通りに / 143
  • 一三七 聖者と念仏 / 144
  • 一三八 本願を信じ念仏を申せば仏になるなり / 145
  • 一三九 善根は邪魔物 / 145
  • 一四〇 人を殺さひでも / 146
  • 一四一 真言天台の祖師方でも / 147
  • 一四二 宿業 / 148
  • 一四三 忠臣、孝子 / 149
  • 一四四 念仏為本 / 149
  • 一四五 名号の絹に包んで / 150
  • 一四六 一念同時 / 151
  • 一四七 解義と仰信 / 152
  • 一四八 知れぬ処が不可思議光如来 / 154
  • 一四九 正定業 / 155
  • 一五〇 至心信楽己れを忘れて / 156
  • 一五一 吾れと吾が身の / 156
  • 一五二 正定聚 / 158
  • 一五三 「智度論」に曰く / 159
  • 一五四 行者の方より如来にうなづかせるに非ず / 160
  • 一五五 放蕩息子 / 161
  • 一五六 他力募り / 163
  • 一五七 信する心と頼む心 / 164
  • 一五八 谷の木精 / 170
  • 一五九 ◇の星 / 171
  • 一六〇 嗜め嗜め / 172
  • 一六一 信心の体 / 173
  • 一六二 越前の長蔵 / 173
  • 一六三 其の喜びは大に格別なり / 175
  • 一六四 他力の行者 / 176
  • 一六五 明信仏智 / 177
  • 一六六 決定心 / 179
  • 一六七 立つ鳥も跡を濁すな / 179
  • 一六八 山は高きを厭はず / 180
  • 一六九 真実心 / 180
  • 一七〇 成る程其の通りぢや / 181
  • 一七一 弁阿法師曰く / 182
  • 一七二 阿房になるが所詮に非ず / 183
  • 一七三 弥陀をたのむは返事するなり / 186
  • 一七四 称我名号不取正覚 / 187
  • 一七五 変成男子 / 188
  • 一七六 往くと戻るとの相違 / 189
  • 一七七 易行の至極 / 190
  • 一七八 以名益物 / 191
  • 一七九 第十七願 / 192
  • 一八〇 如来の息を名号の螺貝へ吹き込めて / 193
  • 一八一 織屋と衣屋 / 195
  • 一八二 往生に遅速あり / 196
  • 一八三 箱根の関 / 197
  • 一八四 灰屋太郎兵衛の妻 / 197
  • 一八五 琥珀と磁石 / 198
  • 一八六 至極の大病人 / 199
  • 一八七 弥陀は恋人 / 200
  • 一八八 鏡 / 200
  • 一八九 聞ひた法も頼む思ひも / 201
  • 一九〇 唯御慈悲を喜ふなり / 201
  • 一九一 阿弥陀如来は御船人 / 203
  • 一九二 紛れ物 / 204
  • 一九三 底ぬけ筒 / 205
  • 一九四 牛と蛇 / 205
  • 一九五 下総の求馬 / 206
  • 一九六 思ひ内にあれば色外にあらはる / 207
  • 一九七 化土 / 208
  • 一九八 愈々疑ひなし / 208
  • 一九九 義理にも念仏申すべし / 209
  • 二〇〇 砂と籾 / 211
  • 二〇一 弥陀のおとづれ / 211
  • 二〇二 柴の庵 / 212
  • 二〇三 無碍の光明 / 213
  • 二〇四 近頃の同行はある物に事を欠くなり / 213
  • 二〇五 早く早く / 215
  • 二〇六 たかぶる心 / 216
  • 二〇七 一代経悉く / 217
  • 二〇八 彼れ此れ思ふて居るよりは / 217
  • 二〇九 地獄一定 / 219
  • 二一〇 大悲願心 / 219
  • 二一一 宿善開発 / 220
  • 二一二 隣の宝 / 221
  • 二一三 南無の二字迄も / 221
  • 二一四 不拝秘事 / 222
  • 二一五 即今命終 / 223
  • 二一六 月影 / 224
  • 二一七 田の実 / 224
  • 二一八 信とは疑はぬなり / 225
  • 二一九 憶念心 / 226
  • 二二〇 この上のない慥かな証拠 / 227
  • 二二一 仏恩報謝の勤めごと / 227
  • 二二二 籠に水 / 228
  • 二二三 取られよ取られよ / 229
  • 二二四 君を思ふは我を思ふなり / 230
  • 二二五 善知識を御崇敬申すべし / 231
  • 二二六 一念の信相 / 232
  • 二二七 仏恩報謝 / 232
  • 二二八 其機々々にさしよせて / 233
  • 二二九 是れ後生の由断なり / 234
  • 二三〇 我が身の一尺は見へぬ / 235
  • 二三一 仏道に我が身を捨てよ / 237
  • 二三二 水と石 / 238
  • 二三三 其の体一南無阿弥陀仏 / 239
  • 二三四 光明で照しつづけて / 240
  • 二三五 摂取不捨 / 241
  • 二三六 徒ら事なり / 242
  • 二三七 これは身の上の一大事なり / 243
  • 二三八 善ひことが悪るひこと / 244
  • 二三九 熱い炙には覚へあり / 245
  • 二四〇 心光摂護 / 247
  • 二四一 光玄寺の坊守 / 248
  • 二四二 一念喜愛の心 / 250
  • 二四三 即証真如法性身 / 251
  • 二四四 炎天に氷 / 252
  • 二四五 風と山 / 252
  • 二四六 来ひと云はぬに押しかけて / 252
  • 二四七 船に乗れば / 254
  • 二四八 天下一の無礼講 / 254
  • 二四九 仏の御目当 / 255
  • 二五〇 回施の大行 / 256
  • 二五一 名利 / 257
  • 二五二 胸板もぎちぎちと / 258
  • 二五三 兎角此節は / 259
  • 二五四 盲人の江戸行 / 260
  • 二五五 眼なり肝なり / 261
  • 二五六 縄をとらへよ / 262
  • 二五七 逆縁却りて決定の心を起さしむ / 263
  • 二五八 金獅子 / 264
  • 二五九 助け玉ふ親様 / 265
  • 二六〇 家 / 268
  • 二六一 心多歓喜 / 268
  • 二六二 信楽 / 269
  • 二六三 杞人の憂 / 270
  • 二六四 浄土門は愚痴にかへりて / 271
  • 二六五 諸仏讃嘆 / 272
  • 二六六 越前の吉郎右衛門 / 273
  • 二六七 宗祖の御苦労 / 274
  • 二六八 三種荘厳 / 275
  • 二六九 五劫思惟の御苦労は / 275
  • 二七〇 凡夫の総名代 / 277
  • 二七一 回心懴悔 / 277
  • 二七二 諸行は禁物 / 279
  • 二七三 往生の正因と計ふすら / 280
  • 二七四 至心信楽願為因 / 281
  • 二七五 応機とは / 283
  • 二七六 我が称ふる処に目をつけて信ぜよとには非ず / 284
  • 二七七 念仏を申すがすぐに喜ぶのなり / 285
  • 二七八 念仏は我が往生の種なり / 286
  • 二七九 凡夫の方に思ひ堅めたに非ず / 287
  • 二八〇 命終れば雲霧はれて / 288
  • 二八一 難有ひ最上 / 289
  • 二八二 功能は薬売りが云ふのなり / 290
  • 二八三 喜ぶより外は無きなり / 291
  • 二八四 弥陀の浄土と諸仏の浄土 / 292
  • 二八五 手間ひまいることに非ず / 293
  • 二八六 弘誓の船 / 293
  • 二八七 外道と仏教 / 294
  • 二八八 懐手 / 295
  • 二八九 唐詩長信秋の詞に曰く / 296
  • 二九〇 歌三首 / 296
  • 二九一 阿弥陀仏我れを助け玉へ / 298
  • 二九二 御慈悲 / 298
  • 二九三 頓中の頓 / 299
  • 二九四 元祖の御正意 / 300
  • 二九五 法の上に機を置くべし / 300
  • 二九六 得聞律師 / 301
  • 二九七 助け給へと思ふ計りなり / 302
  • 二九八 末世の僧徒 / 304
  • 二九九 三河の長松 / 304
  • 三〇〇 是れより外の法門は無きなり / 306
  • 三〇一 打ては響き叩けばなる / 307
  • 三〇二 勧化と申すは / 307
  • 三〇三 行者の計ひ / 308
  • 三〇四 一心 / 311
  • 三〇五 専心 / 312
  • 三〇六 仏凡一体 / 313
  • 三〇七 他力の火 / 315
  • 三〇八 たのむは帰の字 / 316
  • 三〇九 計ひ心をさつばり止めて / 317
  • 三一〇 我等不思議の宿善ありて / 319
  • 三一一 冥加と云ふは弥陀を頼むことなり / 320
  • 三一二 人に仏法の事を申して / 322
  • 三一三 昨日や今日の利益に非ず / 323
  • 三一四 「涅槃経」に曰く / 323
  • 三一五 勿体なひと云ふは / 325
  • 三一六 なすまじきことをなし / 326
  • 三一七 尻結はぬ糸で / 327
  • 三一八 あの人さへ違ふたものを / 327
  • 三一九 知りても知りても / 328
  • 三二〇 苦労もせずに無上大利の功徳を得るは / 330
  • 三二一 飽く事知らず / 331
  • 三二二 物知り / 331
  • 三二三 往生は一人々々の凌ぎなり / 333
  • 三二四 人と云ふ者は / 334
  • 三二五 金持ちの処へ婿入り / 335
  • 三二六 仏祖の御冥慮 / 335
  • 三二七 参らせ心 / 337
  • 三二八 他力の念仏 / 338
  • 三二九 御馴れ申せば申す程 / 339
  • 三三〇 聴聞不足 / 341
  • 三三一 無常 / 342
  • 三三二 貪欲で求むる浄土は / 343
  • 三三三 盗人の媒 / 344
  • 三三四 懈怠 / 346
  • 三三五 仰げば愈々高し / 347
  • 三三六 表裏相応 / 349
  • 三三七 火急の事なり、既に旦暮に迫れり / 349
  • 三三八 人に負けて信心を取るべし / 351
  • 三三九 君子は下問を恥ぢず / 352
  • 三四〇 往生の支証 / 353
  • 三四一 鳴子に雀 / 354
  • 三四二 冬籠り / 355
  • 三四三 平生業成 / 355
  • 三四四 目の上の瘤 / 356
  • 三四五 秋霞立てこめつれど高瀬船 / 356
  • 附録

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 香月院語録
著作者等 今津 紹柱
和田 竜造
深励
和田 龍造
書名ヨミ コウガツイン ゴロク
書名別名 Kogatsuin goroku
出版元 法蔵館
刊行年月 明41.8
ページ数 357, 41p
大きさ 19cm
NCID BA87062430
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
40046898
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想