チェコ革命1848年

スタンレイ・Z.ペフ 著 ; 山下貞雄 訳

大国の革命は権力体制の転覆によって、新しい政治社会を目指す。イギリスの革命はイギリス人によるイギリス人権力者との戦い、フランス革命はフランス人によるフランス人権力者との戦いであった。チェコ人の革命のターゲットはチェコ人権力者であったか?そんなものは存在しなかった。弱小民族の「革命」は、大国主義的歴史観に疑問を投げかける。1848年のチェコ革命研究の格好の入門書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 事の成り行き(三月以前
  • 革命の奇跡:三月の日々
  • フランクフルト問題
  • 議会と選挙 ほか)
  • 第2部 集団(チェコ人とスロヴァキア人
  • 農民
  • 労働者
  • 学生 ほか)
  • 第3部 結論(四八年革命物語の幾つかの考察)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 チェコ革命1848年
著作者等 Pech, Stanley Z
山下 貞雄
Pech Stanley Z.
ペフ スタンレイ・Z.
書名ヨミ チェコ カクメイ 1848ネン
書名別名 The Czech revolution of 1848

Cheko kakumei 1848nen
出版元 牧歌舎東京 : 星雲社
刊行年月 2011.9
ページ数 359p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-434-15681-6
NCID BB06973100
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21995989
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想