グローバル化とイスラム : エジプトの「俗人」説教師たち

八木久美子 著

爆発的な衛星放送の普及、インターネットの広がりは、イスラムをどう変えたか。エジプトを舞台に、普通のムスリムがグローバル化の波にどう対応してきたかをいきいきと伝える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 近代化からグローバル化へ-イスラムの世界性とグローバル化
  • 第2章 ウラマーと呼ばれる人々-伝統的「知識人」の経験した近代化過程
  • 第3章 「俗人」が語り始める-一般信徒の見せる独自の動き
  • 第4章 教育のなかのイスラム-学校ではイスラムはいかに教えられるか
  • 第5章 新しい説教師の活躍-上昇する中間層とそのイスラム志向
  • 第6章 グローバル・メディアとイスラム-新しいメディアの生む可能性

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 グローバル化とイスラム : エジプトの「俗人」説教師たち
著作者等 八木 久美子
書名ヨミ グローバルカ ト イスラム : エジプト ノ ゾクジン セッキョウシタチ
書名別名 Gurobaruka to isuramu
シリーズ名 Sekaishiso seminar
出版元 世界思想社
刊行年月 2011.9
ページ数 254p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7907-1544-3
NCID BB06968224
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21998098
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想