現代日本建築家列伝 : 社会といかに関わってきたか

五十嵐太郎 著

建築家の果たしてきた役割を無視して現代社会は語れない。彼らはいかに時代と格闘してきたか、社会と関わってきたか-。丹下健三から、焦土の風景から出発して高度経済成長期を経験した世代、70年代の不景気にじっくりと力を蓄えた世代、バブル期にデビューした世代、阪神大震災やバブル崩壊の後に活動を始めた世代、そして21世紀に頭角をあらわした新世代まで、世界的に高く評価されている建築家たちの仕事に、戦後から3・11に至る日本社会のすがたを読む。写真80点超、現代日本建築家「系譜図」付き。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 焦土の風景を乗りこえて-1910‐30年代生まれ(丹下健三-大東亜の時代と国民的建築家
  • 黒川紀章-仏教とメタボリズム
  • 磯崎新-挙行と現実に引き裂かれた建築家)
  • 2 閉じた箱から開放的な空間へ-1940年代生まれ(安藤忠雄-環境を映しだすコンクリートの幾何学
  • 伊東豊雄-情報化時代の新しい建築
  • 坂本一成-自由な建築、あるいは重層的なシステムの構成
  • 藤森照信-天下無双の建築(史)家
  • 飯島直樹-境界線上のインテリア)
  • 3 透明で軽やかな建築の出現-1950年代生まれ(SANAA-空間の形式を再構築するデザイン
  • 妹島和世-距離のねじれを生む、ガラスのランドスケープ
  • 西沢立衞-映像と言葉を超える建築
  • 隈研吾-疾走するゲームプレイヤー)
  • 4 しなやかに環境と状況を読む-1960年代生まれ(アトリエ・ワン-ポスト・バブルのニッポン的リアル
  • 阿部仁史-メディア・スーツとしての建築
  • 手塚建築研究所-ストレート・モダン、あるいは建築の郷土
  • 遠藤秀平-地球を計測するジオメトリー)
  • 5 グローバリズムか、ガラパゴスか-1970年代生まれ(藤本壮介-新しい幾何学へ
  • 石上純也-無重力の風景、相対性の空間
  • 原理と現象-1970年代生まれの建築家たち)
  • おわりに-3・11以降の建築

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 現代日本建築家列伝 : 社会といかに関わってきたか
著作者等 五十嵐 太郎
書名ヨミ ゲンダイ ニホン ケンチクカ レツデン : シャカイ ト イカニ カカワッテキタカ
書名別名 Gendai nihon kenchikuka retsuden
シリーズ名 河出ブックス 035
出版元 河出書房新社
刊行年月 2011.10
版表示 初版
ページ数 284p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-309-62435-8
NCID BB07017115
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21995982
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想