江戸城大奥と立山信仰

福江充 著

立山信仰は江戸城大奥にまで広められた…民衆から大名家、江戸城大奥にまでいたるネットワークを築いた、立山の宗教者たちの行動を解明した画期的大著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章
  • 第1章 加賀藩芦峅寺衆徒の檀那場形成と廻檀配札活動
  • 第2章 芦峅寺宝泉坊の江戸での檀那場形成と「立山信仰」の展開
  • 第3章 江戸城大奥と諸大名家の立山信仰
  • 第4章 芦峅寺の布橋大灌頂
  • 第5章 江戸城大奥・諸大名家と布橋大灌頂
  • 第6章 江戸城大奥・諸大名家と芦峅寺の血盆経信仰

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 江戸城大奥と立山信仰
著作者等 福江 充
書名ヨミ エドジョウ オオオク ト タテヤマ シンコウ
書名別名 Edojo oooku to tateyama shinko
出版元 法蔵館
刊行年月 2011.8
ページ数 501p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8318-7436-8
NCID BB06947439
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22010683
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想