加藤周一を読む : 「理」の人にして「情」の人

鷲巣力 著

専門領域を軽やかに飛び越えて、古今東西、森羅万象に興味・関心をひろげ、書くこと、読むこと、語ることを中心に営まれた加藤周一の九〇年近い人生。その生涯にわたっての言動をゆるぐことなく支えたものとは何だったのか。「ことばと人間」を信じ、尊び、愛し、なによりも大事にしつづけた、その著作活動の全軌跡を展望する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 三つの出発(いくさの日々-または第一の出発
  • フランス留学3年-または第二の出発
  • ヴァンクーヴァーの10年-または第三の出発)
  • 第2部 日本文学史と日本美術史(一九六八年-または「言葉と戦車」
  • 変化と持続-または『日本文学史序説』
  • かたちに現れたる精神-または『日本その心とかたち』
  • テエベス百門の大都-または「百科事典」的精神)
  • 第3部 日本人とは何か(文体と翻訳-または言葉と時代と人間と
  • 時間と空間-または日本文化とは何か
  • 加藤周一-または「理」の人にして「情」の人)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 加藤周一を読む : 「理」の人にして「情」の人
著作者等 鷲巣 力
書名ヨミ カトウ シュウイチ オ ヨム : リ ノ ヒト ニ シテ ジョウ ノ ヒト
出版元 岩波書店
刊行年月 2011.9
ページ数 374p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-00-025821-0
NCID BB06880258
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21992866
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想